タグ:駅前 ( 145 ) タグの人気記事

2018年 10月 24日
駅前散歩
c0181552_20505143.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

JR生野駅前。



by tajiri8jp | 2018-10-24 17:21 | OLYMPUS E-620 | Comments(0)
2018年 10月 24日
駅前散歩
c0181552_05561278.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

JR生野駅近く。


by tajiri8jp | 2018-10-24 05:56 | OLYMPUS E-620 | Comments(0)
2018年 10月 23日
駅前散歩
c0181552_17023151.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

JR生野駅近く。



by tajiri8jp | 2018-10-23 17:03 | OLYMPUS E-620 | Comments(2)
2018年 10月 23日
駅前散歩
c0181552_13292142.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

JR生野駅近く。

この線路に関しては、3つ前の記事をご参照ください。



by tajiri8jp | 2018-10-23 13:31 | OLYMPUS E-620 | Comments(0)
2018年 10月 23日
駅前散歩
c0181552_05431708.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

JR生野駅近く。



by tajiri8jp | 2018-10-23 05:43 | OLYMPUS E-620 | Comments(2)
2018年 10月 22日
駅前散歩
c0181552_20564478.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

JR生野駅近く。



by tajiri8jp | 2018-10-22 20:57 | OLYMPUS E-620 | Comments(0)
2018年 10月 22日
駅前散歩
c0181552_19025444.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

JR生野駅近く。口銀谷地区のトロッコ軌道跡。

市川沿いに残るレールは、かつてここを鉄道が走っていた、その痕跡である。軌道幅は500mmらしい。
生野はその昔、銀山で栄えた町で、往時は旧生野駅と銀山の間を結ぶこのレールの上を、アメリカ製の電気機関車が走っていたそうだ。この小さな鉄道で、掘り出した鉱石をせっせと駅へ運んだのであろう。
昭和48年に閉山となったそうで、今はただ静かな山峡の町である。この線路の上をトロッコが走ることはもうない。

ちなみに、北海道のトロッコ王国のレールはこれ
トロッコ王国は旧国鉄の廃線跡(旧美幸線)を利用しているので、軌道幅はJRと同じ1067mmである。
さらにちなみに、日本語でトロッコというと、小さな鉄道のイメージがあるけど、英語でいえば truck であるから、つまりトラックと同じである。バレーとボレー、マシンとミシン、ミットとミトンなどと同様。



by tajiri8jp | 2018-10-22 19:11 | OLYMPUS E-620 | Comments(0)
2018年 10月 22日
駅前散歩
c0181552_05561397.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

JR生野駅近く。



by tajiri8jp | 2018-10-22 05:56 | OLYMPUS E-620 | Comments(2)
2018年 10月 21日
駅前散歩
c0181552_08582373.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

JR生野駅近く。姫宮神社の社前。

橋の欄干に取り付けられているのは紙垂棒(しでぼう)というものである。
播磨地方のお祭りではお馴染みのもので、ここでも町のあちこちに取り付けてあった。

播州のお祭りと同じですね、と問いかけると、
「このあたりは昔から文化的に播州の影響を受けているんです」
と返してくれたのは、神社のそばにある口銀谷ミュージアムセンターの若い女性である。
なるほど、そういえばクルマのナンバーもここでは姫路ナンバーであった。もっとも、兵庫県のおよそ東半分は神戸ナンバーで、残り半分は全部姫路ナンバーなのだけど。

播州のお祭りで見かけた紙垂棒はたとえばこれ

注連縄などの下に下げる白い紙を紙垂というのは大阪のお初天神で知った、という話はこちら



by tajiri8jp | 2018-10-21 15:34 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(0)
2018年 10月 21日
駅前散歩
c0181552_08003425.jpg
c0181552_08003970.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

JR生野駅近く。姫宮神社で。

これを見たとき、なんだかとても懐かしい気がしたのである。
自分が子供の頃、今は亡き父の実家(旧美方郡美方町)のトイレもたしかこんなような便器だったのだ。多少形は違う気はするけど。
もちろん今は水洗化された普通の白い便器になっている。とはいえ、男性専用の小便器がまだちゃんと置かれているのが近頃の家とは違うところだ。
洋式トイレの一般家庭への普及は、世の中の男性用小便器の多くを駆逐してしまったといえるだろう。

そういえば、今とは逆に女性である祖母が着物の裾をまくりあげて、この小便器で用を足しているところを見たときはけっこう衝撃的であった。着物が当たり前の時代には、女性がそうやって用を足すことはよくあったらしい。

トイレ関連のエントリはこちら



by tajiri8jp | 2018-10-21 08:21 | OLYMPUS E-620 | Comments(2)