タグ:鉄道 ( 270 ) タグの人気記事

2018年 09月 03日
ひだにて 3
c0181552_05570810.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

大阪から岐阜を経由し、高山に向かう特急ひだ。

恋人よ 僕は旅立つ 東へと向かう列車で
鄙びた温泉で 君への土産物 探すつもりだ

香港で東へ向かった話はこちら



by tajiri8jp | 2018-09-03 06:02 | Nikon D7200 | Comments(0)
2018年 09月 02日
ひだにて 2
c0181552_15032384.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

帽子に関しての話はこちらに。

by tajiri8jp | 2018-09-02 15:05 | Nikon D7200 | Comments(4)
2018年 09月 02日
ひだにて
c0181552_08040910.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

先月、8月のとある土曜日、大阪から高山へ行く特急「ひだ」に乗ったのである。
「ひだ」は、7月の豪雨以来ずっと運転休止になっていたのであるが、お盆の直前に運転再開となったのを知り、お盆休みが過ぎるのを待って乗車した。

運転休止が長かったせいか、時期的な理由か、JRのサイトで空席状況を見ると、何本もある「ひだ」はどれも座席に余裕があり、自分が乗った、大阪から高山に直通している「ひだ」25号も、発車直後の指定席はがらがらの状態であった。
高山までこのままで行くのかと思っていたところが、京都駅でどっと外国人(西洋人)観光客が乗り込んで来て、自分と妻のまわりの座席はたちまちドイツ軍の占領下となってしまった。通路にも巨大なスーツケースを並べ、おいおい、とは思ったもののドイツは友邦、かつての同盟国であるし、自分はドイツ製品を愛する者でもあるから、荷物を上の棚に上げるのを手伝ってやったりした。
後でトイレに立った際、他の車両の様子を見ると、満席とまではいかないものの座席はけっこう埋まっていて、しかも乗っている客の多くは西洋人だったため、間違えてヨーロッパの特急に乗ったのかと思ってしまった。
以前にも驚いたことだけど、高山市は本当に外国人観光客に人気がある。ミシュラン恐るべし、というべきだろうか。



by tajiri8jp | 2018-09-02 08:39 | Nikon D7200 | Comments(4)
2018年 08月 14日
舞鶴への車窓から
c0181552_19531848.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

舞鶴線を走る電車の窓から。
これももちろん「世界の車窓から」のワンシーンだと思えなくもない。ただ、見えているのがヨーロッパの古城ではなく福知山城というだけのことである。

舞鶴線に乗車したのは初めてだった。日帰りではあったけど、これも夏旅。舞鶴への小旅行であった。
乗っている電車は、多分、かつて湘南カラーを纏って快速電車として東海道線を走っていた車両だ。
これに乗ると、京都へよく行った高校時代のことや、母親の故郷である滋賀県長浜に行った子供の頃のことをどうしても思い出す。


by tajiri8jp | 2018-08-14 20:10 | OLYMPUS PEN E-P5 | Comments(2)
2018年 08月 11日
舞鶴散歩
c0181552_10234584.jpg
OLYMPUS STYLUS 1



by tajiri8jp | 2018-08-11 10:24 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(0)
2018年 08月 11日
舞鶴散歩
c0181552_09270030.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

7月のとある月曜日、夏列車で舞鶴へ行ったのはすでに書いたとおり。
舞鶴へやって来たのは、若い頃、友人のクルマ(昔懐かしい初代ソアラだった)で、護衛艦を見に来て以来のこと。舞鶴の町を歩いたのは初めてであった。

意外なことに、舞鶴市には舞鶴という駅はなく、東舞鶴と西舞鶴がある。
舞鶴という地名の由来である(※諸説あり)、鶴が羽を広げた姿に似ているといわれる二つの港の近くそれぞれに市街地があり、駅がある。
東舞鶴には市役所や文化施設などがあり、旧海軍の煉瓦倉庫群などもある。海上自衛隊の施設があるのもこちらだ。
西舞鶴はかつては城下町だったらしく、その後は商業地域になった様子で、商店街があり、古い町並みや水路、銭湯なんかも残っている。
東舞鶴駅と西舞鶴駅は地図で見ると近いが、実際に電車で移動すると思っていたより遠い。駅間およそ7キロらしい。JRの尼崎と西宮、尼崎と大阪の駅間がどちらも7.7キロだから、2つ別々の市の駅であってもおかしくはない。実際、舞鶴は2つに分かれようとした過去があるらしい。

まずは東舞鶴を歩いたあと、列車で西舞鶴へ移動し再び町を歩いたのだけど。
西舞鶴の方が人の生活感がより多く漂っているので、散歩するなら西舞鶴の方が楽しい。と、歩き始めてから気づいたが、あまりの暑さの故、先に歩いた東舞鶴で体力を消耗してしまっていたので、西舞鶴で行き残したところが生じてしまった。
西舞鶴はいずれ再訪せねばならない。



by tajiri8jp | 2018-08-11 09:42 | Nikon D7200 | Comments(0)
2018年 08月 08日
舞鶴散歩
c0181552_17560568.jpg
c0181552_17555944.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

北吸トンネルという、かつて存在した中舞鶴線という鉄道路線の遺構である。

中舞鶴線は、東舞鶴駅と港を結んだ路線だったらしい。東舞鶴駅から歩いてきてトンネルを海に向かって抜けると、すぐに旧日本海軍の煉瓦倉庫群である。
おそらく、戦時中は多くの軍需物資や兵員が列車に乗ってこのトンネルを通り、さらには船で戦地まで送られたに違いない。現在は歩行者と自転車のための道になっている。

ちなみに、舞鶴といえば「岸壁の母」であるが、戦後、引揚船が着いた桟橋(平桟橋)は市街からやや離れたところにある。東舞鶴駅からバスに乗って約15分ほどらしい。自分はてっきり煉瓦倉庫群のすぐ近くにあるものだと思っていた。
引揚記念館とあわせて平桟橋(ただし復元したもの)をぜひ見たかったが、あまりの暑さにそこまで行く元気がなかった。



by tajiri8jp | 2018-08-08 18:08 | Nikon D7200 | Comments(0)
2018年 08月 08日
舞鶴散歩
c0181552_05534108.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

西舞鶴駅で。京都丹後鉄道の車庫である。
西舞鶴はJR西日本の駅であるが、京都丹後鉄道が乗り入れているのである。もちろん、元々はどちらも国鉄である。

京都丹後鉄道は少し前までは北近畿タンゴ鉄道といったが、いつの間にか名前が変わっている。
運営主体が変わったからだそうで、じゃあ、北近畿タンゴ鉄道という会社はなくなったのかと思ったら、鉄道施設のみを保有する会社として残っているらしい。
自分の地元・兵庫県でいえば、神戸高速鉄道みたいなものであろう。たぶん。



by tajiri8jp | 2018-08-08 06:00 | Nikon D7200 | Comments(0)
2018年 08月 02日
夏列車
c0181552_18424371.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

月曜日、仕事が休みだったので一人で舞鶴へ行ってきた。
せっかくだから1泊しようかとも思ったのだけど、日帰りできる距離で味気ないビジネスホテルにわざわざ泊まるのはもったいない、と日帰りにした。

尼崎から福知山までは特急こうのとりで行き、そこで舞鶴線に乗り換える。
突然、普段乗ることのないローカル線に揺られたくなるのは、もちろん夏のせいである。夏は心の鍵を甘くするうえに、旅心も誘ってしまう。

写真は舞鶴線を走る電車内で。



by tajiri8jp | 2018-08-02 18:52 | Nikon D7200 | Comments(2)
2018年 07月 23日
扇風機のある客車
c0181552_18294801.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

夏本番を迎え、学校現場でも暑さ対策が進んでいる。昨年7月の猛暑で熱中症の症状を訴えた児童・生徒が多数出た帯広市では今年度、市教委が各学校に扇風機の配布と網戸の取り付けを進めている。
(7月15日 十勝毎日新聞)

かつて、夏の北海道を旅して民宿とかペンションに泊まると、部屋に暖房はあっても冷房の設備がないのが当たり前で、それで夏を過ごせるのだからさすが北海道とよく感心したものだ。東京では小中学校の教室にはほぼ100パーセント、エアコンが付いているそうだけど、教室に扇風機すらないというのは北海道らしい。
しかし近年は北海道も暑くなった。数年前の夏、冷房のないペンションに泊まったときは寝苦しくて困ったことがある。本当に日本の気候も変わってしまったなあ、と思う。

扇風機といえば、昔、国鉄時代に扇風機とエアコンと両方備わっている客車に乗ることがたまにあって、夏に冷房の入った状態で扇風機が回っているのは実に気持ちがよかったのであった。
実は今も職場では机の上に小型の扇風機を置いて、毎日そういう状態で仕事をしている。

写真は2015年。くしろ湿原ノロッコ号で。こちらと同じときに別のカメラで撮ったもの。



by tajiri8jp | 2018-07-23 20:22 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(4)