タグ:西宮市 ( 282 ) タグの人気記事

2018年 12月 10日
いずれが寒椿か山茶花か
c0181552_16381923.jpg
Panasonic LUMIX LX100

昨日からいくつか「冬は密かに」というタイトルで記事をアップしたけど、訂正せねばならない。
秋は確かに足音を忍ばせるように密かにやってくるが、冬は堂々とやって来る。さすが冬将軍である。


あちらこちらで山茶花(サザンカ)が咲いているのをよく見かける。
晩秋というのか、初冬に花を咲かせるサザンカは、これが人為的な品種改良によるものでないとしたら、進化の過程で獲得した生き残り戦略ということになるのであろう。まだ寒い春先、他の多くの花に先んじて咲くウメと同じである。

ところで、サザンカといえば童謡「たきび」の2番の歌詞に登場する花であるが、自分が卒業した小学校の校歌の2番には寒椿(カンツバキ)が登場する。「霜柱立つ中庭に密かに咲いた寒椿」と歌うのである。
しかしサザンカとカンツバキは専門家でも見分けるのが難しいらしい。今になって、中庭に咲いていたのは実はサザンカだったのではないか、と思わないでもない。



by tajiri8jp | 2018-12-10 17:16 | Panasonic LX100 | Trackback | Comments(4)
2018年 12月 10日
冬は密かに
c0181552_05534075.jpg
Panasonic LUMIX LX100



by tajiri8jp | 2018-12-10 05:54 | Panasonic LX100 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 09日
冬は密かに
c0181552_10342709.jpg
Panasonic LUMIX LX100



by tajiri8jp | 2018-12-09 10:35 | Panasonic LX100 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 19日
西宮散歩
c0181552_17541364.jpg
Panasonic LUMIX LX100




by tajiri8jp | 2018-11-19 17:55 | Panasonic LX100 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 19日
西宮散歩
c0181552_19452452.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

神呪寺の山門。

先日、NHKの「日本人のおなまえっ!」という番組を見ていると、西宮市にある神呪町という地名が、ちょっと恐ろしいとして取り上げられており、その名の起こりとして登場していたのが神呪寺である。
自分もかねてから、神の呪いの寺というのはどういうことか、とちょっと不思議に思っていたのであった。

番組によると、祝うも呪うも漢字の元々の意味は似たようなものだそうで、必ずしも呪うという意味ではないらしい。
ちなみに自分も手元にある漢和辞典を開いてみたところ、「呪」の字の意味については①いのる②のろう、と呪いより祈りが先に書かれてあった。
先日、京都の知恩院を訪れた際、土産に般若心経の書かれたタオルを買ったのだけど(笑)、神呪寺のお坊さんがおっしゃっていたとおり、般若心経の中にも神呪という言葉が登場しており、仏の言葉、真言というような意味なのである。
なるほど、人名も地名も後世に残るものだから、悪い意味を持つ名前は付けられていない、というのはこの番組に出ている森岡浩さんがいつもおっしゃることである(ちなみに、この森岡さんは「高校野球熱闘の100年」を書かれた方でもある。以前、こちらで引用したことがある)。
ただし、チコちゃんじゃないけど、最後に ※諸説あります という注釈は付ける必要はあるかもしれない。

しかし、いくら祝うも呪うも元の意味はほとんど同じですよ、といわれたところで、敏いとうとハッピー&ブルーに「わたし呪ってます」と歌われたらやっぱりイヤなのである。



by tajiri8jp | 2018-11-19 05:54 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(6)
2018年 11月 18日
西宮散歩
c0181552_15260513.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

2018年7月。神呪寺山門前。

神呪寺の山門前にある石段の下には、昔ながらの、といいたい雰囲気の茶店がある。山門のそばをいつもクルマで通り過ぎるばかりなので、その存在をこれまで全然知らなかった。
神呪寺は山の上にあるので、今は歩いてお参りに来る方は少ないと思うが、ハイカーにはいい休憩所のようである。

写真の右手に一丁という文字が刻まれた石碑(丁石)がある。一丁の字の上に彫られているのは梵字である。
横の説明書きによると、関西学院大学の裏手あたりに十三丁の石碑があって、そこから神呪寺に向かって一丁ごとに建てられているらしい。一丁ということはあともう少しで目指すお寺に到着というわけである。
丁石は、他のお寺や旧街道などでも見られるそうだけども、ここにあるのは神呪寺への参拝者が昔から多かった証といっていいであろう。

関係ないけど、見ていて一休さんだったか、の
門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし
という歌を思い出した。
さて、自分は冥途まであと何丁まで来てるんだろう。



by tajiri8jp | 2018-11-18 16:00 | Nikon D7200 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 18日
西宮散歩
c0181552_08114624.jpg
Panasonic LUMIX LX100



by tajiri8jp | 2018-11-18 08:13 | Panasonic LX100 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 17日
西宮散歩
c0181552_19575047.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

甲山八十八ヵ所巡りの石仏の一つ。
このお顔によだれかけは似合わんと思うのだが。



by tajiri8jp | 2018-11-17 19:59 | Nikon D7200 | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 17日
秋は密かに
c0181552_09430655.jpg
c0181552_09423813.jpg
Panasonic LUMIX LX100


by tajiri8jp | 2018-11-17 14:12 | Panasonic LX100 | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 17日
秋は密かに
c0181552_21234765.jpg
Panasonic LUMIX LX100



by tajiri8jp | 2018-11-17 06:23 | Panasonic LX100 | Trackback | Comments(0)