タグ:宝塚市 ( 50 ) タグの人気記事

2018年 06月 08日
パドック
c0181552_20410991.jpg
minolta XG-E MINOLTA MD 50mm F1.7

3月にXG-Eに装填したフィルムをようやく撮り終えた。
仕上がりを見てみると、きちんと送れていないコマがあったり、光が漏れているコマがあったりする。これはもう今後は実用品ではなく、コレクション品。
カメラは撮ってみないとわからないし、馬は走ってみないとわからない。
まあ、別にどの馬が勝とうが自分はどうでもいいのだけど。


by tajiri8jp | 2018-06-08 20:52 | 銀塩カメラ | Comments(0)
2018年 06月 07日
DSC_1119
c0181552_05591018.jpg
Nikon D7200 TAMRON SP 70-300mm F4-5.6

新しく手に入れた望遠ズームの試し撮りに阪神競馬場を訪れた、というのは前の記事に書いたとおり。
しかし被写体が何であれ、馬であれアメフト選手であれ、飛行機であれ、その辺に転がるペットボトルであれ、自分の思ったように撮るのは難しいもんだ。
特に目の前を横切る馬は速い。
そういえば「白駒隙を過ぐ」なんて成語もあった。これは白駒ではなかったけど。





by tajiri8jp | 2018-06-07 06:06 | Nikon D7200 | Comments(0)
2018年 06月 06日
先頭争い
c0181552_19071344.jpg
Nikon D7200 TAMRON SP 70-300mm F4-5.6

ニコン用の望遠ズームレンズを買った。
理由は、これまでα-900に500mmの反射望遠レンズを付けてアメフトの試合や高校野球や飛行機を撮ってきたけれど、中央1点のみの測距ポイントでは動いてる被写体はなかなか追い切れないから。
このレンズはフルサイズ用だからD7200に付ければ望遠側が換算450mmとなるし、もちろん多点測距で動体を追うことができる。手ぶれ補正も付いている。純正ではないけど自分には十分な望遠レンズだ。

その試し撮りをするのに、また神戸へアメフトを撮りに行くか、伊丹空港(大阪国際空港)近くの土手(ここ)へ飛行機を撮りに行くか、と少し考えた末、阪神競馬場へ行くことにした。
阪神競馬場へ入るのは人生で2度目である。また、ギャンブル場に足を運ぶのは、年賀状用の写真を撮るために尼崎センタープールへ行ったとき以来。
念のためにいっておけば自分はギャンブルに興味はないので、馬券も船券も買っていない。ずいぶん前に来たときは遊びで1レースに100円ずつ賭けるというのをやったけど。
なので、馬券を買ったのは帯広のばんえい競馬を見に行ったときが恐らく人生最後である。
しかし競馬は、レースとレースの間の時間が長くて困る。こちらとしてはレース結果に興味はないから、間をおかずにどんどん馬を走らせてほしいけど、競馬場側は商売で、客に考える時間と勝ち馬投票券を買う時間を与えないといけないから、そういうわけにはいかない。競馬新聞とにらめっこするおじさんの横で、文庫本を読みながら次のレースを待った。

レースが始まり、観客席の最前列でこのレンズを向けていると、隣にキャノンの堂々とした白レンズを付けた女性がやってきて撮り始めた。以前に味わった旧日本兵の気分をここでもまた味わったのであった。



by tajiri8jp | 2018-06-06 21:44 | Nikon D7200 | Comments(2)
2018年 06月 06日
ゴール直前
c0181552_06064819.jpg
Nikon D7200 TAMRON SP 70-300mm F4-5.6



by tajiri8jp | 2018-06-06 06:08 | Nikon D7200 | Comments(4)
2018年 05月 20日
スレッドマシン
c0181552_09230846.jpg
Panasonic LUMIX LX5



by tajiri8jp | 2018-05-20 09:23 | Panasonic LX5 | Comments(4)
2018年 05月 19日
かんさいではない
c0181552_18512067.jpg
KONICA MINOLTA α-7DIGITAL

アメリカンフットボールの定期戦で、日大選手の悪質な反則行為によって関学大選手が負傷した問題で、日大・内田正人監督が19日、当該の選手や保護者に謝罪した。内田監督はその後、大阪・伊丹空港で報道陣に対応し、一連の問題の責任を取り、辞任する考えを表明した。
(5月19日 デイリースポーツ)

この方、会見の中で関学のことを確か「かんいがくいんだいがく」とおっしゃったように聞こえたけど、正しくは「かんいがくいんだいがく」(くゎんせいがくいんだいがく)である。
バカ監督。



by tajiri8jp | 2018-05-19 18:58 | KONICA MINOLTA α-7D | Comments(6)
2014年 12月 04日
隧道へ
c0181552_2039427.jpg

OLYMPUS PEN E-P3 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6



by tajiri8jp | 2014-12-04 20:41 | OLYMPUS PEN E-P3 | Comments(2)
2014年 12月 04日
隧道を歩く
c0181552_19483590.jpg

OLYMPUS OM10 G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4

先日アップした旧福知山線の廃線跡で。

このときは久しぶりにOM10を手にしていたのであった。
ブログのタイトルも Life with OLYMPUS に変えないといけないかもしれない。胃の中に入れたのもオリンパスだったし。



by tajiri8jp | 2014-12-04 19:52 | OLYMPUS OM10 | Comments(4)
2014年 11月 07日
廃線跡を歩く
c0181552_4402734.jpg

OLYMPUS STYLUS 1

先日、3連休最後の晴れた日に、旧福知山線の廃線跡を、ほんの少しだけだが、歩いてきた。ここを歩くのは20年ぶりくらい。

妻も歩くのは2度目だそうだが、「この線路って元は森林伐採用のものだったの?」と尋ねてきた。頭の中に、昨年下北半島で歩いたトロッコ跡の印象が残っているらしい。
もちろんそうではなく、ここが廃線となったのは1986年で、福知山線の複線電化に伴って路線のルートが一部分変わったためだ。つまり自分が就職して間もない頃までは現役の国鉄線路であった。

自分が学生の頃住んでいたかつての実家は、尼崎市内の塚口という駅が最寄りであって、これは阪急電車だと本線の駅のことを指すが、JR(当時は国鉄)では福知山線の、ローカル色の残る駅のことである。
大学は大阪にあったから、家へ帰る際に大阪駅で友人たちと別れると、自分だけは「鳥取・津山方面」と表示のあるホームに向かうものだから、「おまえ、いったいどこから通学してるねん」と笑われたものであった。乗り込む列車もディーゼル機関車が引っ張る昔ながらの客車で、たった10分か15分ほど乗るだけなのに、けっこうな旅気分が味わえたものだった。
今ではその福知山線もJR宝塚線という愛称を持ち、JR西日本の「アーバンネットワーク」の一部となっているのだから、まさに隔世の感がある。
かつて、父親の故郷に行くときや、高校時代の夏にキャンプへ行ったときもこの枕木の上を走ったわけで、ちょっと愛おしい廃線跡である。



by tajiri8jp | 2014-11-07 04:50 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(4)
2014年 11月 06日
廃線跡の紅葉
c0181552_21224653.jpg

OLYMPUS PEN E-P3 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

旧福知山線の廃線跡で。



by tajiri8jp | 2014-11-06 21:23 | OLYMPUS PEN E-P3 | Comments(2)