2018年 10月 02日
彦根散歩
c0181552_21120550.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

キロキロとヘクトデカけたメートルがデシにおわれてセンチミリミリ。

次々とやって来る台風のニュースで、ヘクトパスカルという言葉を聞くたびに思い出すのは、小学校で習った、このおまじないのような短歌のような言葉である。
今も小学校で習うことがあるのかどうか。
ちなみに、今は亡き大橋巨泉さんがCMで流行らせたのは「はっぱふみふみ」であった。

彦根城もところどころ台風で損傷を受けたらしい。石垣に梯子をかけている人はおそらくその調査かと思われる。
決して城攻めを企んでいるのではないのだ。



# by tajiri8jp | 2018-10-02 18:47 | Nikon D7200 | Comments(0)
2018年 10月 02日
彦根散歩
c0181552_21100300.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8



# by tajiri8jp | 2018-10-02 05:41 | Nikon D7200 | Comments(2)
2018年 10月 01日
カムイシュ島
c0181552_19221377.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

自分も早く「日本一周出会い旅」に出たいもんだ。
もちろん盗んだ自転車ではなく自分のクルマでだけど。



# by tajiri8jp | 2018-10-01 19:28 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(2)
2018年 09月 30日
カルデラ湖 
c0181552_21181445.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

先日、岡山の日生(ひなせ)に行った際、JR赤穂線の電車に乗っていると、備前横河駅に「赤穂コールドロンが見える駅」という横断幕のようなものが張られていた。
赤穂コールドロンとはいったい何じゃ、と思いスマホで検索してみると(実に便利な時代になったものだ)コールドロンとはカルデラのことらしい。カルデラといわれる地形の特徴が、長い年月の間に浸食や何かで失われると、それをコールドロンと呼ぶそうだ。どうやら遠い昔、今の赤穂市あたりでもカルデラ噴火があったらしい。
先日読んだ「火山で読み解く古事記の謎」という本で、熊野地方にもカルデラがあるというのを知ったのだけども、コールドロンは、今日では火山のイメージなどない滋賀県や愛知県、山口県や愛媛県にもあるというから、カルデラと合わせると日本は国中がそんな地形ばかりのようである。
もっとも、何万年、何億年という単位で地球を眺めれば、大陸が動いてその形が変わったり、海だった場所が標高8000メートルまで盛り上がったりしてるわけだから、全然不思議でもないのだけど。

カルデラ噴火(=破局的噴火)は、もし今の時代に日本で起こればおそらくは国をほとんど滅ぼすほどの恐ろしい大災厄であるにも関わらず、太古に起こったその痕跡のなんと美しいことか。



# by tajiri8jp | 2018-09-30 21:17 | OLYMPUS E-620 | Comments(2)
2018年 09月 30日
彦根散歩
c0181552_08125761.jpg
c0181552_08130239.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6



# by tajiri8jp | 2018-09-30 08:18 | OLYMPUS PEN E-P5 | Comments(0)
2018年 09月 29日
彦根散歩
c0181552_18062569.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

維新のとき、太政官令によって多くの城がこぼたれたが、伝承によると、明治天皇がこの城を見、その典雅さに感じ入ってぜひ残せということで残されたともいわれている。
たしかに、彦根城は、西国三十余ヵ国に対して武威を誇る象徴というよりも、むしろ湖畔にあって雅を感じさせるやさしさを持っている。
(司馬遼太郎著「街道をゆく 近江散歩」より)

明治天尾はよくぞご覧になったものである。
彦根城は幸運に恵まれたといえるが、明治の初めに出された廃城令で多くの城が失われた、そのことをつくづく惜しむ。松本城も本当は壊される予定だったと聞く。
もっとも、たくさん壊されずに残っていたとしても、空襲でやられることになる城が多かったろうけど。
彦根はギリギリのタイミングで空襲を逃れたという幸運もあったらしい。

関連の話はこちら



# by tajiri8jp | 2018-09-29 20:58 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(2)
2018年 09月 29日
彦根散歩
c0181552_12113179.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

彦根城の天守閣である。
いうまでもなく、国宝に指定された天守の一つ。国宝天守は近年までは4つ(彦根城、犬山城、松本城、姫路城)だったのに、いつの間にか松江城が加わって5つになっている。
犬山城を除く4つの天守は過去に一度は訪れたことがある。犬山城も子供の頃に近くまでは行ったことがあるのだけど、一緒に旅行していた祖母が歩くのに疲れたといったため、城の外から眺めただけで終わった。すでに50年近くも前のことである。
彦根城もずいぶん久しぶりだから初めて来たに等しい。妻も初めてだし、天守の中に入りたかったが、入場に30分待ちの行列ができていたのでやめた。
外国人の姿はあまり見かけなかったから、連休だったとはいえそれほど大勢の観光客がやって来ているのは、ひこにゃん人気のなせる技であろうか。



# by tajiri8jp | 2018-09-29 17:25 | OLYMPUS PEN E-P5 | Comments(0)
2018年 09月 29日
彦根散歩
c0181552_22163255.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8



# by tajiri8jp | 2018-09-29 07:16 | Nikon D7200 | Comments(2)
2018年 09月 28日
彦根散歩
c0181552_19094801.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

彦根散歩の昼食は近江牛丼。
釧路のイクラ丼湯浅の生しらす丼青森ののっけ丼帯広の豚丼もうまかったが、これも文句なし。



# by tajiri8jp | 2018-09-28 19:18 | Nikon D7200 | Comments(0)
2018年 09月 28日
彦根散歩
c0181552_05515333.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6


# by tajiri8jp | 2018-09-28 05:52 | OLYMPUS PEN E-P5 | Comments(4)
2018年 09月 27日
ふなずし
c0181552_21270921.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

滋賀県の名物といえば鮒寿司である。とは以前にも書いたとおり。
彦根城の近くを歩いていると、鮒寿司を売っている自動販売機を見かけたので吃驚。さすが滋賀県である。(ちなみに、兵庫県の豊岡にはカバンの自販機がある)
800円なら安いので買おうかと思ったが、全部売り切れであった。なーんや残念、と思いながらしかしよく見ると、小さな字でオスと書いてある。鮒寿司はメスが好まれる。安いのはそのためであろう。
このあと、自販機でなく商店街の中の魚屋で売っていたのを、母親の土産にと1尾購入した(もちろんメス)。ただし、店頭に並んでいた中から選んだのは一番小さい(安い)ものである。自販機の見本とあまり変わらないサイズで3200円とはさすがに高い。
しかし家に帰ってから食卓に出すと、母親が喜んで食べていたので、まあ、いい買い物だったといえるか。自分も久しぶりに食べたが、美味しくて、かつ、懐かしい味であった。
妻はといえば、
「そんな食べもん、わたしの近くには置かんといて」
といって鮒寿司の乗った皿を遠ざけていたのであった。



# by tajiri8jp | 2018-09-27 21:27 | Nikon D7200 | Comments(6)
2018年 09月 27日
彦根散歩
c0181552_19053873.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8



# by tajiri8jp | 2018-09-27 19:06 | Nikon D7200 | Comments(0)
2018年 09月 27日
やんとどん
c0181552_21141801.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

日曜の朝、彦根に行こうか。と妻に声をかけると、妻いわく。
「彦根って、ひこやんのいるところ?」
もちろん、「ひこやん」ではなく、「ひこにゃん」である。
ひこやんなんていい方をしたら、なにわのキャラクターになってしまう。もずやんと一緒にしてはいけないのである。

彦野さんや夏彦さん、冬彦さんなど、大阪で「ひこやん」と呼ばれている人は、鹿児島ではやはり「ひこどん」と呼ばれるのであろうか。
鹿児島弁の「どん」は「殿」のなまったものだそうだから、そう安易に呼び名に付けるのかどうなんだか。鹿児島の人に聞いてみたいところである。

それにしてもNHKの「西郷どん」はこれまでの大河ドラマの例に漏れず、おもしろくない。征韓論とか西南戦争をどう描くのか興味があって途中から見だしたのだけど。
一つ見ていて思うのは、登場人物の誰もが感情を表に出しすぎる、あるいは大声を出しすぎるということ。公家であれ侍であれ、それなりの立場にいる人は感情をコントロールするのはあたりまえのことだろうに。
それに、感情を抑えた演技の方が、怒りや悲しみがより伝わるということも多い。大きな声を出すのはここ一番というところだけでいいのだ。
要するに「西郷どん」の登場人物には重厚感がない。
まあ、文句をいうくらいなら見なきゃいいのだけど。



# by tajiri8jp | 2018-09-27 06:05 | Nikon D7200 | Comments(0)
2018年 09月 26日
本日の
c0181552_18425240.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

3日前の日曜日、20数年ぶりの彦根。妻は初めて。
残念ながらひこにゃんにはすれ違いで会えず。



# by tajiri8jp | 2018-09-26 19:14 | Nikon D7200 | Comments(4)
2018年 09月 26日
三輪自転車
c0181552_20331701.jpg
Leica IIIf Elmar 5cm F3.5



# by tajiri8jp | 2018-09-26 05:46 | Leica IIIf | Comments(0)