人気ブログランキング |
カテゴリ:SONY RX100 III( 38 )

2019年 07月 20日
尼崎散歩
c0181552_08314410.jpg
SONY RX100 III

「昭和通」というのは、現尼崎市域の南部、国道2号線沿線の地名で、1丁目から9丁目まであります。また、その南には昭和南通3丁目~8丁目があります。昭和初期の町名改正以前は、旧尼崎城下の北側に位置する別所村や大物村に属していました。
これらの地が「昭和通」と命名されるきっかけとなったのが、阪神国道(現国道2号)の開通でした。自動車交通の増大にともない、大阪・神戸間を結ぶ東西幹線道路敷設の必要性が生じた結果、大正12年(1923)12月に着工し、昭和元年(1926)12月に開通しました。この道路敷設にともない、国道沿線のうち尼崎市域の庄下川(しょうげがわ)から蓬川(よもかわ)にかけて、竹谷新田耕地整理(大正12~昭和3年)、西難波耕地整理(大正14~昭和8年)、尼崎市北部耕地整理(大正14~昭和10年)といった耕地整理事業(土地区画整理事業)が施行され、沿線住宅地や商業地が形成されました。
「昭和通」という地名は、こういった国道沿線の新たな市街地形成にともない、昭和5年1月1日の町名改正、昭和8年12月4日の西難波耕地整理終了、昭和10年6月19日の北部耕地整理終了により町名として付与されました。「昭和南通」も、昭和8年12月4日の西難波耕地整理終了と昭和10年6月19日の北部耕地整理終了により生まれた地名です。
なぜ「昭和通」「昭和南通」と命名したのか、理由を明記したものはありませんが、昭和の初めに開通した国道沿線の新市街地の地名ということで、「昭和」の名を冠したものと考えられます。
(尼崎市立地域研究史料館)

尼崎市内にある「昭和通」という地名。昭和通というのは国道2号線のことだろう、とはなんとなくわかるものの、なんで昭和通というのか、かねがね疑問だったのだけど、尼崎市立地域研究史料館というサイトに上のような説明があった。
なるほど、まず、そんなところだろうという話である。ちなみに、昭和の昭という漢字はそれまであまり馴染みのないものだったそうで、多く使われ出すのは昭和になってかららしい。そんなこともあって昭和という元号には特に新しいイメージもあったのかもしれない。
昭和通同様、自分の知らない日本のどこかには、「平成通」という地名もあるのだろうなあ、と思ったりするけど、昭和通ほどは多くないに違いない。この先、「令和通」という地名がうまれるのかどうか。



by tajiri8jp | 2019-07-20 08:41 | SONY RX100 III | Comments(0)
2019年 07月 12日
大阪散歩
c0181552_21134255.jpg
SONY RX100 III



by tajiri8jp | 2019-07-12 05:37 | SONY RX100 III | Comments(0)
2019年 07月 10日
尼崎散歩
c0181552_18591392.jpg
c0181552_18592156.jpg
SONY RX100 III

いくつか前の記事で神戸市の五色塚古墳で撮った写真をアップしたけど、こちらは尼崎市内にある御園古墳の石棺である。

御園古墳は一般の墓地となっており、墳丘の上にもたくさんの墓が並んでいる。前方後円墳だそうだが、見たところ、墓のある小山である。その敷地は三菱電機の工場に食い込んだような形になっていて、工場の中にある古墳(墓地)といった印象である。
中学生だった頃、社会科の授業で見学しに来たことがあり、自分の記憶では、当時、石棺はたしか墳丘内の石室にそのまま置かれていたような気がするのだけど、久々に来てみれば丘の上の建物内に保存されている。危険だから上に移したのか、それとも単なる自分の記憶違いか。
誰が葬られているのかは不明であるが、花とお線香が手向けられている。被葬者もお墓に囲まれて、いろんな方にお参りしてもらえるなら、寂しくなくていいと喜んでいるかもしれない。
それにしても、古墳も石室の一部に「○○の墓」とか「○○ここに眠る」とか彫り込む慣習があればよかったのに。



by tajiri8jp | 2019-07-10 20:39 | SONY RX100 III | Comments(0)
2019年 07月 04日
尼崎散歩
c0181552_05383768.jpg
SONY RX100 III

こいつもいずれこうなる可能性がある。



by tajiri8jp | 2019-07-04 05:41 | SONY RX100 III | Comments(4)
2019年 07月 01日
尼崎散歩
c0181552_19452506.jpg
c0181552_19455302.jpg
SONY RX100 III

解体中の煙突。今はもうない。

以前に撮った写真はこちら


by tajiri8jp | 2019-07-01 21:31 | SONY RX100 III | Comments(0)
2019年 06月 17日
神戸散歩
c0181552_05472475.jpg
SONY RX100 III



by tajiri8jp | 2019-06-17 05:48 | SONY RX100 III | Comments(0)
2019年 06月 15日
みんぱく散歩
c0181552_19064673.jpg
OLYMPUS PEN-F OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

2013年、青森県の道路ですれ違ったのはこれ



by tajiri8jp | 2019-06-15 05:40 | SONY RX100 III | Comments(2)
2019年 06月 14日
みんぱく散歩
c0181552_18481953.jpg
SONY RX100 III

金融庁の三井秀範企画市場局長は14日の衆院財務金融委員会で、老後資産の報告書が批判を集めている問題について「配慮を欠いた対応で、このような事態を招いたことを反省するとともに深くおわびする」と謝罪した。
(6月14日 共同通信)
老後の生活費が2千万円不足するとした金融庁の報告書をめぐり、野党の追及の矛先が、年金制度を所管する厚生労働省にも向かっている。2千万円と計算する際の元データは厚労省が提出していたからだ。年金批判の高まりを回避したい厚労省は、報告書は金融庁が独自に作ったものと距離を置くのに躍起で、制度の持続可能性を強調している。
(6月13日 朝日新聞DIGITAL)

別に謝罪する必要はないのに。数字は嘘をついていない(たぶん)。
今になって突然急に年金の支給見込額が減ったというわけでもないのに、この大騒ぎは国会議員の皆さんが日頃あまり庶民の生活に関心がないことの証左では、という気がしないでもない。多くの人は以前から「ねんきん定期便」がやってきたときに、これでは足らんなあ、と思っていたはずである。
100年安心というのは別に人生100年のことをいってるわけではないので、野党の批判もやや的外れなところがあるように思えるし、政府もなかったことにするよりは報告を受け止めて、どうするべきかを議論すればいいのにと思ったりする(共産党の小池さんが決算委員会でおっしゃったように)。ま、政府としてはしたくないんでしょうけど。

さて、自分たちに幸せな老後はあるんだろうか。
写真はルーマニア、マラムレシュ地方の陽気な墓。



by tajiri8jp | 2019-06-14 18:57 | SONY RX100 III | Comments(4)
2019年 06月 14日
みんぱく散歩
c0181552_19111692.jpg
SONY RX100 III

モンゴルではゲル、中国ではパオと呼ばれる遊牧民の家(テント)である。
昔、学生時代の友人と中国の内モンゴル自治区へ行ったときに泊まったことがある。といっても観光用に用意されたものだったけれども、大草原の中、パオで一夜を過ごしたのはいい経験であった。

それは中国の内モンゴル自治区で5日ほどを過ごすというツアーだったのだけれども、今はどうか知らないが、当時の内モンゴル自治区はほとんど観光地化されていないこともあったのだろう、よくあるツアーの忙しいイメージとは異なり、なんだかのんびりゆったりした旅であった。ツアー参加者も全部で10人ほどだったかと思う。
街をマイクロバスで走っているとき、現地のガイドから「どこか見に行きたいところはありますか」と尋ねられたので、普通の民家が見たい、とリクエストしたら、羊を飼っている一般の家にお邪魔することができたし、郊外では自分と友人だけの「草原で昼寝がしたい」という注文にも応えてくれ、「じゃ、1,2時間後に迎えに来ます」と行って大草原の真ん中で2人だけをバスから降ろしてくれたりした。
今もその友人と会えばそのときの話が出る、実にいい旅であった。
もう20数年も前で、ずいぶん昔のことのようながら、しかし考えてみればそれは「昭和」ではなく「平成」の時代の話ではあった。平成も遠くなりつつある。



by tajiri8jp | 2019-06-14 05:50 | SONY RX100 III | Comments(0)
2019年 06月 13日
みんぱく散歩
c0181552_19105442.jpg
SONY RX100 III

バリ島のバロンという獅子(?)の仮面である。
その昔、バリ島で、これを付けて踊るバロンダンスというのを見たことがある(これ)けど、おそらく日本の獅子舞とルーツは同じであろう。
文化は伝播するものとはいえ、遠く離れた違う国で同じようなことをやっているのは実に面白い。もちろん、獅子舞に限った話ではないけども。

ちなみに、遠く離れたところで同じことをやっているといえば、「アシモフの雑学コレクション」という本によると(ずいぶん昔の本だけど)、
「あやとりは、世界各地で楽しまれている。民族学者にとっての、なぞだ。ニュージーランドのマオリ族、北米インディアン、エスキモー、アフリカ人など、交流がないのに、両手の間のひもで、まったく同じ形を作るのだ。」
だそうである。



by tajiri8jp | 2019-06-13 18:43 | SONY RX100 III | Comments(0)