人気ブログランキング |
カテゴリ:FUJIFILM X100 F( 62 )

2019年 07月 15日
寄り添う 2
c0181552_07574117.jpg
SONY α7II  VOIGTLANDER NOKTON 40mm F1.4 S.C



by tajiri8jp | 2019-07-15 07:58 | FUJIFILM X100 F | Comments(0)
2019年 07月 14日
寄り添う 1
c0181552_20471926.jpg
FUJIFILM X100 F



by tajiri8jp | 2019-07-14 20:48 | FUJIFILM X100 F | Comments(0)
2019年 07月 09日
尼崎散歩
c0181552_20422377.jpg
FUJIFILM X100 F



by tajiri8jp | 2019-07-09 20:43 | FUJIFILM X100 F | Comments(2)
2019年 07月 09日
DSCF0534
c0181552_18434862.jpg
FUJIFILM X100 F



by tajiri8jp | 2019-07-09 18:44 | FUJIFILM X100 F | Comments(0)
2019年 07月 07日
尼崎散歩
c0181552_08084991.jpg
FUJIFILM X100 F

工業都市、工都と呼ばれた尼崎だけども、住宅地のところどころには今も田んぼや畑がけっこうある。近頃は耕作放棄というのか、あるいは農地転用なのか、ほったらかしにされたようなところも多いけれども。
自分が以前に住んでいた家の近くにも昔はあって、こういう風景を見ると、中学生の頃だったか、友人と田んぼのまわりを自転車で走り回りながら玩具の銃で撃ちあいをしていて、そのうち自分の撃った弾が当たった友人の一人が、自転車に乗ったまま勢いよく田んぼに突っ込んでいった光景を思い出す。
そのときは、敵機を撃ち落とした零戦パイロットの気分を軽く味わっていたのだけど、その友人や田んぼの持ち主には申し訳ないことをした、と今頃になって思う。



by tajiri8jp | 2019-07-07 08:29 | FUJIFILM X100 F | Comments(2)
2019年 07月 05日
尼崎散歩
c0181552_05513701.jpg
FUJIFILM X100 F



by tajiri8jp | 2019-07-05 05:52 | FUJIFILM X100 F | Comments(0)
2019年 07月 01日
尼崎散歩
c0181552_19354087.jpg
FUJIFILM X100 F

遠い昔、ツェルマットのホテルの前から眺めた本物のマッターホルン(石の巨人)はこちら



by tajiri8jp | 2019-07-01 19:38 | FUJIFILM X100 F | Comments(2)
2019年 06月 30日
大阪散歩
c0181552_09065776.jpg
FUJIFILM X100 F

このときと同様、奥の建物(五重塔)にピントがあった失敗写真。ただし、こちらはフォーカスモードの戻し忘れが原因ではない。
このカメラは、電源を入れた直後の反応がちょっと遅い。咄嗟の撮影ではよくピンボケになる。失敗をカメラのせいにしてはいけないのだけど。

四天王寺。



by tajiri8jp | 2019-06-30 09:11 | FUJIFILM X100 F | Comments(2)
2019年 06月 24日
大阪散歩
c0181552_05402757.jpg
FUJIFILM X100 F



by tajiri8jp | 2019-06-24 05:41 | FUJIFILM X100 F | Comments(0)
2019年 06月 22日
X100Fで見た風景
c0181552_07502588.jpg
FUJIFILM X100 F

東京商業会議所では輸送力増強の方策として広軌鉄道問題について研究と審議が重ねられた。その結果、複線化や貨車・機関車の増備などの方法では輸送力の増強に限界があり、もはや広軌改築を断行するしかないという結論に達した。(中略)そして、一八九六年一一月、逓信大臣に「広軌鉄道の義に付建議」を提出し、いまこそ鉄道の広軌改築を急がねばならないと主張した。
しかし、その後、広軌改築は鉄道政策の一方の基調となるものの、実現することはなかった。
(老川慶喜著「日本鉄道史 幕末・明治篇より」

つまり、その後の、新幹線を日本のあちこちに走らせようという計画はこのときのトラウマと見えなくもない。その昔、清水一行の「動脈列島」という小説の冒頭に載っていた新幹線整備計画の全体図を見たとき、こんなに日本中に新幹線がいるんかいな、と思ったことは今も覚えている。
それでも、地元自治体が希望しているならまだしも、佐賀県のように、フル規格の新幹線なんていらない、と反対しているところにまで走らせる必要なんてないと思うのだが。

なにしろ、
ただし、注意しなければならないのは、鉄道が敷設されたからといって必ずしも地域経済が発展するわけではないということである。新渡戸稲造が『農業本論』(六盟館)のなかで、「余は即ち知る、鉄道の敷設ありて小都会は為に人口を稀少にし、大都会は為に愈々人口を増加せしを」と述べているように、鉄道の敷設は地域格差を拡大していく場合もあった。鉄道は、どの地域をも平等に発展させたわけではなかったのである。(前掲同書より)
というのはそのまま新幹線にあてはまるような気がするのだ。

関連した話はこれ



by tajiri8jp | 2019-06-22 08:15 | FUJIFILM X100 F | Comments(2)