カテゴリ:OLYMPUS OM-D E-M10( 187 )

2018年 10月 09日
高山散歩
c0181552_15205433.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

高山駅である。
垢抜けたきれいな駅舎に変わっていたのでちょっと吃驚。2016年にできたらしい。
改札前で、旅館の名前の入った垂れ幕を手にした客引きが立っている光景は、この新しい駅舎にはなんだか似合わなさそうだ。

高山駅というと自分などは近年特に観光客で賑わっているような印象があるのだけど、Wikipedia によれば1日平均の利用客数は2000年以降はずっと下がり続けている。観光客の増加以上に、日常の利用者が減り続けているのであろう。

前の駅舎の写真とそれにまつわる思い出はこちらに。



by tajiri8jp | 2018-10-09 15:20 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(2)
2018年 10月 09日
高山散歩
c0181552_14251348.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

飛騨の高山を、小京都という。
このことは、印象としてまぎれもない。
ある町角では、ふと京都よりも京都ではないかとおもったりする。規模が小さいだけに、品格のある作りも、その磨き方も入念なのである。
(司馬遼太郎著「街道をゆく 飛騨紀行」より)

京都でもそうだけど、大勢の観光客で賑わう通りから1本外れるだけで途端に静かに歩けたりする。
高山の凄いところは、それでもなお、イメージとしての高山らしさがそこにあるということだろう。日本の古き良き家並みを見たければ京都よりも高山である。
だから、海外からの観光客で、それを知っている人は京都だけでなく高山にもやって来るというわけだ。

おそらくは司馬遼太郎がこの文章を書いた後、特にバブル景気の頃から、京都の町はどんどん京都らしさを失ったのではないかと思う。



by tajiri8jp | 2018-10-09 14:24 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(0)
2018年 10月 08日
P8181202
c0181552_08041294.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 LEICA DG SUMMMILUX 25mm F1.4

福地温泉で。

これを撮っていると宿の若い女性従業員から「いいレンズですね」と声をかけられた。
「この子は、プロの写真家を目指してるんですよ」
と、横から女将の声。
自分ももう少しだけ人生を巻き戻せたらなあ、と思うことがたまにあるけど、まあ、少々戻ったところで結局は同じかな、と思ったりもする。



by tajiri8jp | 2018-10-08 08:07 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(2)
2018年 09月 21日
飛んでいきたい
c0181552_06012897.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

地震の影響で北海道の観光が大きく落ち込んでいるらしい。
仕事がなければすぐにでも飛んでいきたいところだけど・・。



by tajiri8jp | 2018-09-21 06:03 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(2)
2018年 09月 19日
京都散歩
c0181552_05510651.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 LEICA DG SUMMMILUX 25mm F1.4



by tajiri8jp | 2018-09-19 05:51 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(2)
2018年 09月 18日
京都散歩
c0181552_20295797.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 LEICA DG SUMMMILUX 25mm F1.4

うつりんさんやleica_m4mさんのブログで拝見して、自分もぜひお会いしたいと思っていた若き日の石川さゆりさんにようやく出会うことができた。
先日の、しばし小雨が降った日曜日、ただこれを見るためだけの京都散歩であった。



by tajiri8jp | 2018-09-18 20:42 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(2)
2018年 09月 18日
京都散歩
c0181552_14143686.jpg
c0181552_14144059.jpg
c0181552_14144321.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 LEICA DG SUMMMILUX 25mm F1.4

台風21号というのは実にすごい台風であった。
自分は出勤していたのだけど、その尋常ならざる強さを知ったのは、家にいた妻から「近所の家の屋根が飛んだ!」というメールが入ったときであった。

大阪から京都へ向かう途中、JRの電車の窓から外を見ていると、高槻市あたりでは屋根にブルーシートをかけた家がたくさん目につく。北摂はまさに地震と台風のダブルパンチであったろう。
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。



by tajiri8jp | 2018-09-18 14:25 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(0)
2018年 09月 14日
鮎の塩焼き
c0181552_19051120.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 LEICA DG SUMMMILUX 25mm F1.4

食料の一大供給地である北海道の地震で、牛乳や野菜などの出荷が停滞し、食卓にも影響が出始めている。旬のサンマや一部の野菜が品薄になり首都圏でも卸値が高騰、家計にも痛手となっている。
(9月13日 産経新聞)

先日、近所のスーパーでサンマを買おうとしたところ、以前は1尾100円で買えたのが倍の200円になっており、伸ばした手を思わず引っ込めてしまった。
今年はサンマが豊漁ということだったのに、この災害では仕方ないか。残念。

サンマも好きだが、鮎の塩焼も好物。ただしこちらはあまり我が家の食卓には登場しない。写真は先月、高山で食べた鮎である。
サンマ苦いかしょっぱいか。鮎は苦いかしょっぱいか。
どっちも食べなきゃわからない。



by tajiri8jp | 2018-09-14 19:18 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(4)
2018年 09月 03日
夏の思い出
c0181552_19081861.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

気付けば8月が終わり、今年の夏もどうやら過ぎようとしている。
この夏、自分にとっての一番の思い出は、久しぶりに上高地を訪れたことであった。久しぶりに、というのを正確にいうと、人類が滅亡するはずであった年、1999年の5月以来だから、実に19年ぶりである。
ノストラダムスの大予言のおかげで1999年より後の人生はどこか「おまけ」であるような感覚が多少あるのだけど、つくづく、人類が滅亡しなくてよかったと思う。
それだけ間があいた理由は、以前にも書いたように、ここはザックを担いでやってくるべき場所だと考えていたからであった。なのに、今回はコマの付いたキャリーバッグを転がしてやってきたのだから、自分としてはなんだか後ろめたい気分である。
まあ、昔も今も上高地はそんな普通の観光客であふれているのだけど。



by tajiri8jp | 2018-09-03 19:16 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(0)
2018年 07月 23日
扇風機のある客車
c0181552_18294801.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

夏本番を迎え、学校現場でも暑さ対策が進んでいる。昨年7月の猛暑で熱中症の症状を訴えた児童・生徒が多数出た帯広市では今年度、市教委が各学校に扇風機の配布と網戸の取り付けを進めている。
(7月15日 十勝毎日新聞)

かつて、夏の北海道を旅して民宿とかペンションに泊まると、部屋に暖房はあっても冷房の設備がないのが当たり前で、それで夏を過ごせるのだからさすが北海道とよく感心したものだ。東京では小中学校の教室にはほぼ100パーセント、エアコンが付いているそうだけど、教室に扇風機すらないというのは北海道らしい。
しかし近年は北海道も暑くなった。数年前の夏、冷房のないペンションに泊まったときは寝苦しくて困ったことがある。本当に日本の気候も変わってしまったなあ、と思う。

扇風機といえば、昔、国鉄時代に扇風機とエアコンと両方備わっている客車に乗ることがたまにあって、夏に冷房の入った状態で扇風機が回っているのは実に気持ちがよかったのであった。
実は今も職場では机の上に小型の扇風機を置いて、毎日そういう状態で仕事をしている。

写真は2015年。くしろ湿原ノロッコ号で。こちらと同じときに別のカメラで撮ったもの。



by tajiri8jp | 2018-07-23 20:22 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(4)