カテゴリ:OLYMPUS STYLUS 1( 554 )

2019年 01月 17日
クール便
c0181552_19575885.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

日本に天然ガスが導入されて、今年で50年だそうである。
かつては、都市ガスといえば石炭由来のものが主流だったのが、この50年の間に完全に天然ガスに切り替えられた。

自分が子供の頃、しきりに大阪ガスがCMを流していたのを覚えているけれども、ガス会社にとっては単に製造所から送るガスの種類を変えるだけでなく、供給エリア内で使用されているすべてのガス器具、ガス設備を天然ガス用に調整する必要があったから、これはとんでもない大事業であった。
もし同じことを今やれといわれても、人手の問題や、プライバシー重視のマンションが増えている今日、「おそらくはできないだろう」と元ガス会社の方が語っているのを、あるテレビ番組で見た。
日本だからできたことともいえるかもしれないが、しかしそれだけ努力しても、いまのところ石油と同様、ほぼすべてを海外からの輸入に頼らないといけないのが日本の哀しいところである。

天然ガスは液化するためにマイナス162度という極低温の状態で運ばれてくる。一定の温度を保ったまま海を越えて荷物を運ぶというのは、昔はそれだけでけっこう大変なことだったろうと思うのに、考えてみればこれは凄いことだ。
LNGタンカーは究極のクール便である。



by tajiri8jp | 2019-01-17 18:22 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 11日
竹島
c0181552_20490269.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

蒲郡クラシックホテルの部屋から見た竹島。
竹島といっても、お隣のバカな国が独島と呼んでいる、島根県のあの竹島ではない。こちらは三河湾に浮かぶ島で、全域が八百富神社という神社の敷地である。
橋ですぐに渡れる小さな島だが、独特の植生をしているそうで、天然記念物に指定されている。そのためか、昭和天皇もお越しになったことがあるらしい。もちろん、お泊りになったのは蒲郡クラシックホテルである。
簡単に渡れると書いたけど、橋の上は台風並みに猛烈な風が吹いていて、のんびりとは歩けなかった。渥美半島同様、冬場のこのあたりはいつも風が強いらしい。



by tajiri8jp | 2019-01-11 18:58 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 10日
クラシックホテル
c0181552_18360612.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

昨年末に泊まったホテル。
日本にいくつかある、いわゆるクラシックホテルの一つ、蒲郡クラシックホテル(旧蒲郡プリンスホテル)である。
豊橋の路面電車とともに、このホテルに泊まることもこの冬の旅の目的の一つであった。

例によって、出発日(12月30日)の早朝4時過ぎ、インターネットによる当日予約。海側の部屋にまだ空室があったのはラッキーであった。
決して大きくはなく、当然新しくもないが、しかしそこに親しみと格調を感じることができる、いいホテルであった。



by tajiri8jp | 2019-01-10 18:45 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 08日
渥美半島
c0181552_18465863.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

昨年末、レンタカーで渥美半島を走ってきた。
と、今は名古屋に住む親戚に話すと、「何もなかったでしょ」という言葉が返ってきた。確かに、半島で目についたものといえば、キャベツ畑とビニールハウスと、遠くに並んだ風力発電用の風車ばかりであった。その分、想像していた以上に空と海は広かった。
とにかくやたら風が強くて、だからこの辺は風力発電に適しているのだろう、と思いながらクルマを走らせていた。以前訪れた与論島も風の中にあったが、この半島もまた風の中にあった。

イチゴとメロンの栽培が盛んらしく、たくさん並んだビニールハウスはどうやらそのためのものらしい。
道の駅で売っていたイチゴを買ってホテルで食べたら、値段の安さが嘘のようにとても甘くて美味しかった。



by tajiri8jp | 2019-01-08 19:03 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 07日
上を向く
c0181552_05544253.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

なにはともあれ、上を向いて行こう。

豊橋市。



by tajiri8jp | 2019-01-07 05:57 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(4)
2019年 01月 01日
すずめが1羽
c0181552_17592146.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

平成最後だから、というわけでもないけど、いつもの年なら見ないNHKの「紅白歌合戦」を録画して見た。
といっても、多くは知らない歌手、知らない歌だから、半分以上は早送りである。しかしそれでも、さすがにラストは見ごたえがあった。桑田さんとユーミンと北島三郎さんが舞台に並ぶのは多分これが最後だろう。紅白らしいといえば紅白らしいステージであった。
それはともかく、最後のジャッジで、一般観客の票数、紅白どっちが多いかは、かつては日本野鳥の会の方が舞台に登場して、双眼鏡とカウンターを手にして数えるのが恒例だったが、今はそんなことはしないらしい。さすがにもう昭和の時代ではないとはいえ、ちょっと残念。

紅白歌合戦いついてはこちらにも。



by tajiri8jp | 2019-01-01 23:59 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(4)
2018年 12月 25日
MINOLTA X-700
c0181552_08564231.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

これまでいくつか、自分の所有しているカメラの写真をアップしたけど、付き合いがもっとも長いカメラのことを忘れていたので、ここでアップしておく。
大学の2回生だったときに買ったものだから、もう40年近いお付き合いになる。大学に入って初めて買った一眼レフであるX-7を下取りに出して買ったカメラである。以来、人生で初めての海外や北海道への旅を共にした思い出のある1台なのだ。
もっとも、40年近い付き合いのその後半のほとんどは防湿庫の中で眠らせているだけであるから、このカメラには少々申し訳ない気持ちもある。

学生時代の北海道でこちらを撮ったのもこのカメラ。


by tajiri8jp | 2018-12-25 05:55 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(4)
2018年 11月 29日
夕暮れ時
c0181552_21213317.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

白浜町。



by tajiri8jp | 2018-11-29 21:22 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 20日
尼崎散歩
c0181552_17562889.jpg
OLYMPUS STYLUS 1



by tajiri8jp | 2018-11-20 05:48 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 19日
西宮散歩
c0181552_19452452.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

神呪寺の山門。

先日、NHKの「日本人のおなまえっ!」という番組を見ていると、西宮市にある神呪町という地名が、ちょっと恐ろしいとして取り上げられており、その名の起こりとして登場していたのが神呪寺である。
自分もかねてから、神の呪いの寺というのはどういうことか、とちょっと不思議に思っていたのであった。

番組によると、祝うも呪うも漢字の元々の意味は似たようなものだそうで、必ずしも呪うという意味ではないらしい。
ちなみに自分も手元にある漢和辞典を開いてみたところ、「呪」の字の意味については①いのる②のろう、と呪いより祈りが先に書かれてあった。
先日、京都の知恩院を訪れた際、土産に般若心経の書かれたタオルを買ったのだけど(笑)、神呪寺のお坊さんがおっしゃっていたとおり、般若心経の中にも神呪という言葉が登場しており、仏の言葉、真言というような意味なのである。
なるほど、人名も地名も後世に残るものだから、悪い意味を持つ名前は付けられていない、というのはこの番組に出ている森岡浩さんがいつもおっしゃることである(ちなみに、この森岡さんは「高校野球熱闘の100年」を書かれた方でもある。以前、こちらで引用したことがある)。
ただし、チコちゃんじゃないけど、最後に ※諸説あります という注釈は付ける必要はあるかもしれない。

しかし、いくら祝うも呪うも元の意味はほとんど同じですよ、といわれたところで、敏いとうとハッピー&ブルーに「わたし呪ってます」と歌われたらやっぱりイヤなのである。



by tajiri8jp | 2018-11-19 05:54 | OLYMPUS STYLUS 1 | Trackback | Comments(6)