人気ブログランキング |
2019年 04月 06日 ( 2 )

2019年 04月 06日
尼崎散歩
c0181552_18180860.jpg
SONY RX100 III

中古の、ソニーのコンパクトデジタルカメラを買ったのである。
先月、ニコンF4を16000円ほどで買ったところが作動せず、あえなく返品となった、ということがあったけれども、実はF4を注文する前には、別の店でF501を買おうとしたところが、これも出荷直前の動作チェックで通電せず、この注文はキャンセル扱いとさせてください、というメールをいただいていたのであった。
続けてそういうことがったものだから、せっかく盛り上がったその買い物気分を、フィルムカメラから一転、ソニーのコンパクトデジタル(RX100 III)に向けたわけである。

RX100のシリーズは以前から気になっていたカメラではあったのだけど、そのサイズ(小ささ)とデザインからなんだかすぐに落っことしそうな気がして、買うのを躊躇していたのであるが、純正のオプションでグリップが用意されているのを知り、中古でそれが付いているのを買った。
あらためて手にするとサイズの割には重量感があり、小さなボディに1インチのセンサーとツァイスT*のレンズを搭載し、ポップアップ式のストロボだけでなく、同じくポップアップ式の電子ファインダー(しかもT*マークと接眼センサー付き)まで内蔵しているのには感心してしまう。この、小さい中に機能が凝縮されている感じは、いかにも「It's a Sony」である。
特にポップアップ式のファインダーというのは、その昔、ハンザキャノンがライカの特許をかわすために搭載していたことがあるけれども、もしかするとそれ以来のことではないか、と。しかもそれを電子式(EVF)でやっているのであるから、アイデアとしても技術的にも秀逸といっていいものであろう。
もちろん、LX100あたりのコンパクトに比べると操作性で劣るのは仕方ないとして、これを「最強のコンデジ」と呼ぶ人がいるのも不思議ではない。
ちなみに、RX100シリーズは6機種あるが、EVFを積んでいない I と II も含めてすべて現行品としてラインナップされているのは、やはり撮像センサーの「卸元」であるソニーの強みのあらわれというべきなのであろうか。



by tajiri8jp | 2019-04-06 19:38 | SONY RX100 III | Comments(2)
2019年 04月 06日
見上げた桜
c0181552_06524558.jpg
SONY RX100 III

毎日クルマで走る通勤経路で見かける桜が見頃を迎えている。
しかし今年はいろいろあって桜をのんびり眺めている時間がない。仕事の合間に、職場の庭で咲き始めた桜を見上げてしばし心を慰める。

「見上げたもんだよ屋根屋のふんどし」というのは寅さんが好んで使うフレーズだけど、それはどうでもいいか。



by tajiri8jp | 2019-04-06 07:11 | SONY RX100 III | Comments(0)