2015年 11月 14日 ( 3 )

2015年 11月 14日
大阪散歩 傘差し自転車
c0181552_2142882.jpg

Leica M4-2 Elmar 50mm F2.8

頭の上に傘を乗っけているのではない。大阪にはさすべえ(これ)があるのだ。

平野区。



by tajiri8jp | 2015-11-14 21:52 | LEICA M4-2 | Comments(2)
2015年 11月 14日
大阪散歩 パンク張
c0181552_1635176.jpg

Leica M4-2 Elmar 50mm F2.8

平野区。



by tajiri8jp | 2015-11-14 16:37 | LEICA M4-2 | Comments(0)
2015年 11月 14日
記憶の欠片 F-104
c0181552_9202625.jpg

Nikon COOLPIX P7700

米軍のB52戦略爆撃機2機が先週末、南シナ海・南沙(英語名・スプラトリー)諸島で中国が造成している人工島付近を飛行し、中国の地上管制官から2度にわたり退去するよう警告を受けていたことが12日、分かった。
(11月13日 時事通信)

このニュースを読んで感心したのは、B52ってまだ飛んでるんだ、ということ。
いうまでもなく、ベトナム戦争で名をはせた大型の戦略爆撃機で、運用開始は1955年だそうだから、ずいぶん古い機種である。しかし後継機が現れずにまだ使われているのは、戦略爆撃機をわざわざつくる時代ではもうないからであろうか。
そのB52とほぼ同じ頃(1958年)に運用が開始された戦闘機がロッキードF-104。
しかしこちらは早々に引退して、とっくに博物館入りとなっているわけだ。以前にも書いたように好きな戦闘機であったから、青森県は三沢の博物館でそのコックピットに座ったとき(こちら)はちょっとわくわくしたのである。
B52からF104へ連想が及んだのは、現在「不毛地帯」(山﨑豊子著)を読書中だから。この実話に基づいた小説の中で、日本の商社の受注競争の対象となる戦闘機の一つが、「ラッキード」のF-104なのである。

写真は自分がF-104のコックピットに座っているところ。当然撮影したのは妻。



by tajiri8jp | 2015-11-14 09:38 | Nikon COOLPIX P7700 | Comments(2)