2018年 07月 13日
京都散歩 稲住神社
c0181552_16370818.jpg
Nikon D7200 TAMRON AF 17-50mm F2.8

稲住神社。

日本における天文暦学の祖としての安倍清明を祀っている神社だそうである。江戸時代に幕府の天文方がここで天体観測を行っていたらしい。
社殿の前に魔王尊を祀る社があるが、妙な位置に建っているのはなにやら意味ありげである。

魔王と聞けば自分が連想するのはブラック魔王なのであるが、おそらくは関係ない。この魔王というのは元々はヒンズー教の神様だそうで、650万年前に金星からやってきた、という話もあるらしい。
金星からやってきた、と聞けば自分が連想するのはキングギドラなのであるが、おそらくはそれも関係ない。
しかし、住宅街の片隅に宇宙と繋がっているかのような神社がひっそりとたたずんでいるというのは、京都の奥深さといっていいであろう。

ちなみに、お寺の屋根の上にいたアンギラスはこれ



by tajiri8jp | 2018-07-13 17:14 | Nikon D7200 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 京都散歩      京都散歩 >>