2018年 06月 11日
ゴミ箱
c0181552_20004634.jpg
minolta XG-E MINOLTA MD 50mm F1.7

昔からある住宅街を歩いていると、今でもたまにこうした石でできたゴミ箱を目にすることがある。
プラスティックや木でできたゴミ箱と違って、石のものは人間が意識して壊さない限り、長く残るに違いない。

こうしたゴミ箱を見る度に思うのは、昔はあまりゴミが出なかったんだろうな、ということ。何軒かの家が利用するゴミ箱のはずだから、現在のゴミの量を考えると、この大きさではとても追いつかないのは明らかだ。
しかしそこでふと、ゴミの収集っていつからやっているのだろう、と思ったら、1900年に汚物掃除法という法律ができていて、市町村などの自治体が集めて処分するようになったのはそれ以降のことらしい。(環境省の資料による)
人が「手車」で街のゴミを集めてまわったそうで、きっと明治や昭和初期の頃はそれで十分だったのかもしれないけど、戦後、都市の人口が増えるとそれでは全然追いつかなくて、あちこちに野積みされたり、あたりまえのように河川や海に捨てたりしていたらしい。今となってはちょっと信じがたい話である。
その抜本的な改善が図られたのは1954年の「清掃法」以降だそうだから、外国人がよくいう、日本の町はどこへ行ってもゴミが落ちてなくてきれい、というのはどうやら比較的最近のことのようである。
石のゴミ箱はそういう歴史をずっと眺めてきたわけだ。

関連のエントリはこちら
ちなみに、ロンドンの公園で見かけたゴミ箱はこれで、神戸で見かけたのはこれ



by tajiri8jp | 2018-06-11 20:44 | 銀塩カメラ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 豊中散歩      P9030184 >>