2018年 03月 02日
大阪散歩 
c0181552_18263062.jpg
Nikon D7200 AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G

ノコギリ屋根である。煙突とともにこれは長らく工場のシンボルであったといっていいであろう。もちろん、広い建物の内部を明るくするための形状である。
明治の初め、イギリスから様々な工業技術を導入したとき、一緒にこのノコギリ屋根も入ってきたのだけど、イギリスの設計どおりに造ったら日本との日照角度の違いから直射日光が入り、中が暑くなりすぎて困った、という話を以前、NHKの「ブラタモリ」で紹介していた。
最近は空調や照明などの設備もよくなっているし、昔に比べるとその数をずいぶん減らしたのではなかろうか。



by tajiri8jp | 2018-03-02 19:05 | Nikon D7200 | Comments(4)
Commented by H.O at 2018-03-03 02:42 x
またまた大変勉強になりました。
子供の頃、工場の絵を描くときってこの「ノコギリ屋根」でした^^
Commented by 寿限無28号 at 2018-03-03 07:11 x
おはようございます(^^♪
JR大阪駅の手前で見掛けるが、この工場は古い工場だったのですねぇ~(感心)
Commented by tajiri8jp at 2018-03-03 07:41
寿限無28号さま
おはようございます。
そうそう、大阪駅の手前で見かける新家工業の工場です。電車から見るたびに近くに行ってみたくて、手前の駅で下車しました。
この工場が明治に建てられたというわけではないですが(笑)。
Commented by tajiri8jp at 2018-03-03 07:42
H.Oさま
ですよね。煙突とノコギリ屋根は工場のアイコンですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 大阪散歩      大阪散歩 >>