2015年 11月 20日
記憶の欠片 高層ビルの下に
c0181552_1838102.jpg

Leica M2 Elmar50mm F2.8

今日の、NHKの朝のニュースで放映された海外リポートは、中国・上海の消えゆく歴史的な建築様式「石庫門」の話。
自分が2007年に訪れたときもどんどん壊されていたから、逆にまだ残っていたことに少し感心したのであった。しかし、状態のいいもの、歴史的な価値があるものなど一部を残して、いずれ遠からずすべて取り壊すそうである。
住人は国家権力にものをいわせて移住させるのだから、さすが中国。
そういえば1994年に行ったときも、現地ガイドから、高速道路を通すために10万人が強制移住させられたという話を聞いて、驚きあきれたのであった。

2007年。上海。



by tajiri8jp | 2015-11-20 19:03 | Leica M2 | Comments(2)
Commented by taketyh1040 at 2015-11-21 20:42
こんばんは。
そうですか〜。私も、上海~蘇州は何度か行ったのですが、今も、振り返って見ても
あまり思い出せず、ホテルの宴会場や観光バスの中の絵が多く出てきます。
客を招待や接待のために行くことが多かった為でしょうね。
それでも、美しい水路や庭園も少しは浮かびますが、こういう町並みは浮かんできませんね〜。(^_^;)
Commented by tajiri8jp at 2015-11-22 04:55
taketyh1040さま 
そうですか、お仕事で行かれることが多かったんですね。
自分が上海でイメージするのはエキゾチックな街並みと、超高層の建物と低層の歴史的な建物との見事なコントラストです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 記憶の欠片 傾いた路地      尼崎散歩 陽の差す路地 >>