2009年 04月 22日
ゴミ箱のある風景
c0181552_5283786.jpg

OLYMPUS OM-1 COSINA 24mm F2.8

毒カレー事件のような「直接証拠なし、動機不明、全面否認」の難事件で死刑をわが手で選び、わが声で告げる苦悩は言葉に尽くせまい。その苦悩を一身に背負う人だから国民は裁判官を深く尊敬し、重責に報いるだけの給料を払っているじゃないか。裁判員の日当(=上限1万円)とは格の違う給料を◆裁判に市民感覚を反映させることが裁判員制度の目的ならば、目的の達成も安くはない給料分の内、プロが精進すれば済むことで素人を煩わす必要はない(4月22日付読売新聞 編集手帳)

読売の「編集手帳」は一貫して裁判員制度に批判的だ。自分もそのとおりだと思う。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

by tajiri8jp | 2009-04-22 05:35 | OLYMPUS OM-1 | Comments(2)
Commented by travelster at 2009-04-23 13:30
ありましたねー各戸にこんなゴミ箱が。。。懐かしい。

裁判員制度はボクも疑問アリです。
発端は知らないですが、いつも根底にアメリカにならえの意識が働いてる気がします。

グリーンディールなんて、昔からソーラーなどやってる企業からすれば今頃なにをいわんやですよねぇ。
もっと政治家の先見あればドイツに抜かれることはなかっただろうに。。。
逸れてしまいましたね。(^^;
Commented by tajiri8jp at 2009-04-23 20:56
travelsterさま 
自分が子供の頃はこんなゴミ箱がよくありました。まだこんな風景があるんだ、と驚きながら撮りました。
裁判員制度は誰も本気でやろうと思っていなかったのに、あれれ、という感じで法案が通ってしまった、という話もありますね。
長い目で、日本の未来を見ている政治家がいないのかなあ、と思ってしまいます。
名前
URL
削除用パスワード


<< Red & Blue & Green      Y字路 >>