タグ:鉄道 ( 201 ) タグの人気記事

2017年 01月 06日
50円の時代
c0181552_18274641.jpg
SONY α900 MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5

日々の買い物で手にする50円硬貨と100円硬貨。いずれも現在のデザインで発行が始まって2017年で50年になる。一時は減った流通量も近年は増加傾向にあり、まだまだ出番は続きそうだ。
(1月5日 時事通信)

50円といえばその昔(1967年)、「大きいことはいいことだ」というキャッチフレーズで登場した森永のエールチョコレートを思い出す。有名なCMソングの中で「50円!」と叫ぶからである。当時の板チョコがだいたいどれも50円だったとき、他社よりも同じ値段で大きいことを強調していたわけだ。(その点、日産サニーの「隣のクルマが小さく見えまーす」に似ている。)
そのおかげで50円玉を握りしめて店へエールチョコレートを買いに行った当時の記憶がかすかにある。当然ながら、当時は消費税などという子供にはわかりにくい仕組みはまだなかった。

50円玉の価値も50年前に比べれば減ったとはいえ、大きくなければ50円で買えるチョコレートは今もまだあるけれども、さすがに50円で乗れる交通機関は(少なくとも自分の生活圏には)もうない。
1978年に廃止された京都の市電は、1973年4月1日から75年7月31日までのわずかの間、その運賃は写真にあるように50円だったらしい。これは市内に保存されている車両に書かれた文字である。見たとき、え、そんなに安かったのか、と感心した。今よりは50円玉の価値が高かった時代の記憶である、といっていい。
運賃50円で、とはいわないから、京都の路面電車はぜひ復活させてほしいもんだ。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2017-01-06 18:45 | SONY α900 | Comments(0)
2016年 12月 08日
記憶の欠片
c0181552_18340844.jpg
LEICA M6 TTL  COLOR SKOPAR 35mm F2.5

先頃、一部区間が廃線となった留萌本線の増毛駅。2005年。

この写真、再掲載。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-12-08 18:35 | LEICA M6TTL | Comments(2)
2016年 11月 16日
北の駅で
c0181552_18035079.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

JR北海道の島田修社長は14日、東京都内で道内選出の与党国会議員らの会合に出席し、抜本的な鉄道事業見直しの対象となる「JR単独では維持が困難な路線」について、10路線13区間となることを表明した。
(11月15日 北海道新聞)

どうやら、とりあえずJR北海道が維持可能としているのは、函館、札幌、小樽、旭川、帯広、釧路といった都市を結んでいる線だけらしい。
今でさえ自分の学生時代に比べるとずいぶん減ったなあと思うのに、独力で維持できるのは国鉄時代の半分ほどの距離なんだとか。この先、淡路島や沖縄のように、北海道から鉄道が消えてなくなるのもあり得ない話じゃないかもしれない。新幹線は別として。

そういえば自分が北海道を列車だけで旅したのはこれを撮ったとき(2000年)が最後で、その後はクルマで走ってばかり。昨年(2015年)夏はくしろ湿原ノロッコ号に乗車したけど、見直し対象の路線には釧網本線も入っているようなので、いずれ乗れなくなる可能性が高い。もちろん流氷ノロッコ号も。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-11-16 18:15 | OLYMPUS E-620 | Comments(2)
2016年 11月 06日
京都散歩 月光
c0181552_13392593.jpg
SONY α900 MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5

京都鉄道博物館で。

世界初の電車寝台特急「月光」である。
月光には子供の頃に一度だけ乗ったことがある。小学生時代に尼崎市のスポーツ少年団というのに入って剣道を習っていたため、ある年の夏、市のスポーツ交流で鹿児島市へ遠征試合に行ったことがあり、そのときに乗ったのであった。
行きに利用したのは寝台特急あかつきで、帰りに乗ったのがこの月光であった。月光という名が当時好きだった旧日本軍の夜間戦闘機と同じで、客車ではなく電車であること、さらにこのデザインも好きだったので、喜んで乗り込んだのだが、いざ寝台に入るとスペース(高さ)が狭く、あかつきの方が快適で少々がっかりしたのであった。それでも上段のベッド脇にある小さな窓から、ただ黙って通り過ぎる街の灯りを眺めて、子供ながら旅情に浸っていたことを覚えている。
そのときすでに、鹿児島で4戦して全敗だったことなど、もうどうでもいい思い出になっていた。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-11-06 14:26 | SONY α900 | Comments(2)
2016年 11月 05日
京都散歩 作業中
c0181552_16573480.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

亡き父の故郷、但馬でよく見た、農家の人が黒牛(但馬牛)のブラッシングをしている光景を思い出した。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-11-05 16:57 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(6)
2016年 11月 04日
鉄道博物館へ行ってきた
c0181552_16310886.jpg
SONY α900 MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5

昨日(11月3日)のエントリで、会期中に行けるかどうかと書いた写真展を見に京都鉄道博物館へ行ってきた。休日出勤の代休をもらったのである。
尼崎から西大路までJRの電車に乗って行ったのであるが、よく考えてみれば、電車に乗るのは夏に和歌山電鉄貴志川線に乗った日以来で、およそ3か月ぶりのことであった。母親が入院していたため、なかなか休日に出かけることができなかったからだ。
本日はなんだか鉄道を新鮮に感じた日であった。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-11-04 21:00 | SONY α900 | Comments(1)
2016年 11月 03日
鉄道博物館へ
c0181552_18385522.jpg
RICOH GX200

10月29日から、富士フイルムが主催する「30,000人の写真展」の「鉄道のある風景」部門の展示が大宮、名古屋に続いて京都鉄道博物館で始まっている。
恥ずかしながら自分の写真もそこに並べられているはず、というのは以前に書いたとおり(こちら)。
自分の撮った写真なんて全然たいしたものではないのだけど、鉄道博物館に展示されるのはいい記念になるし、この場合はオリンピックと同じで参加することに意義があるといっていいのである。まあ、クーベルタンが唱えたとされるこの言葉が今のオリンピックにも通じるのかどうかは知らないけど。
それで、30日の日曜日にその展示を見に行こうと思っていたところが、家の用事で忙しくて行けず、本日(11月3日)も仕事で行けず。はたして会期末までに行けるかどうか。
会期は11月6日まで。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-11-03 18:48 | RICOH GX200 | Comments(4)
2016年 10月 13日
吊り革が必要
c0181552_04465394.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

先月、全日空の福岡発羽田行きの便が、搭乗手続きのミスで定員より乗客が1人多い状態で離陸しようとして出発をやり直していたことがわかり、国土交通省は11日、全日空に厳重注意しました。国土交通省によりますと、先月30日、全日空の福岡発羽田行きのボーイング777型機が離陸しようとボーディングブリッジを離れた際、乗客の男性1人が立ったままとなっていました。
(10月11日 NHK NEWS WEB)

こういうときのため、飛行機にも手摺りや吊り革を付けておかないと。
ネコの機長まではいらないけど。

写真は和歌山電鉄貴志川線のたま電車。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-10-13 06:07 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(2)
2016年 09月 18日
地下鉄はどこから
c0181552_18242457.jpg
Nikon D700 AF NIKKOR 35mm F2.0D

東京都の築地市場(中央区)からの移転が延期された豊洲市場(江東区)の主要建物下に土壌汚染対策の盛り土がされなかった問題で、建物下の空洞は土壌汚染が再び見つかった場合に備え、パワーショベルが作業できる場所とする目的でつくられたことが分かった。都幹部が毎日新聞の取材に証言した。担当部局の都中央卸売市場は問題発覚後、配管などのために空洞を設けたと説明しており、本当の理由が隠されていた疑いが強くなった。
(9月18日 毎日新聞)

その昔、地下鉄の電車はどこから入れたのか、という謎を提供してブレークした漫才師さんがいらっしゃったけど、地下の空洞にパワーショベルをどうやって入れるんでしょう、とちょっと聞きたくなる。
あらかじめ埋めておいたりなんかして。でもどこに埋めたかわかんなくなっちゃって、黙っとこうなあ、なんていったりして。というのもその漫才師のネタでありました。

写真はロンドンの地下鉄。英国の人は赤い色が好きらしいと書いたことがあるけど(こちら)、思えば地下鉄(チューブ)もご覧のように赤なのであった。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


[PR]

by tajiri8jp | 2016-09-18 18:37 | Nikon D700 | Comments(0)
2016年 09月 12日
時こく表
c0181552_18422702.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

大阪市のJR京橋駅で、車いすを使ってホーム間を移動するのに5基ものエレベーターを乗り継がないといけないのは、憲法が認めた移動の自由の侵害などとして、脳性まひで手足が不自由な大阪府大東市の男性(51)が8日、JR西日本にエレベーター3基の増設などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。訴状によると、京橋駅では、大阪環状線外回りのホームから片町線上りホームへ移動するのに、健常者は階段一つを使うだけで1分もかからないが、車いすはエレベーターを5基乗り継がなければならず、10分以上かかるとしている。
(9月9日 読売新聞)

京橋駅は車いすの方に全然優しくない駅というわけだが、しかし健常者である自分も、この駅の構造はなんとかならんか、と利用するたびに思う。
JR東西線(片町線)から京阪電車に乗り換える場合、環状線のホームを端から端まで歩かないと京阪電車側の出口にたどり着かないからで、環状線のホームというのはたいてい混雑しているから、これが歩きにくくて仕方ないのである。線路の位置関係からそうなるのも仕方ないとは思いつつ、しかしいっそ大阪駅のように環状線の上に広いコンコースを設けてしまえば車いすの方も含めて移動しやすくなるのに、と思ったりするのである。
金のかかることではあるけど、JR西日本の方はなんとか考えていただきたいものだ。もちろん、時刻表をきちんと掲示するのも大事なことである。
もっとも、複雑怪奇な東京の地下鉄の乗り換えに比べれば、それくらい(ホームの端から端まで歩くこと)はたいしたことではないかもしれないけど。

写真は京橋駅で。ちなみに、学研都市線というのは片町線の別名である。JR西日本は、JR神戸線(東海道本線)とかJR宝塚線(福知山線)だとか、私鉄に対抗してこうした愛称を付けているのだけど、個人的にはあまり好きではない。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-09-12 19:37 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(2)