タグ:川風景 ( 198 ) タグの人気記事

2017年 12月 16日
大津散歩
c0181552_21225686.jpg
Leica IIIc COLOR SKOPAR 35mm F2.5

瀬田の唐橋。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-12-16 21:23 | Leica IIIc | Comments(0)
2017年 12月 16日
大津散歩 唐橋の上から
c0181552_14454621.jpg
Leica IIIc COLOR SKOPAR 35mm F2.5

瀬田の唐橋の上から。

これを撮ったときに思い出したのはイタリアのピサで撮った1枚(これ)。

それはともかく、現像の上がったフィルムを見ると、こうして写真の端の方がちゃんと露光していないのが数コマ。どうやらシャッター幕が正常に走っていない(という表現が正確かどうかは知らないけど)ようだ。
1950年生まれで、自分より一回り年上のご老体ライカであるから、そろそろオーバーホールしてやらないといけない。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-12-16 15:00 | Leica IIIc | Comments(4)
2017年 12月 14日
大津散歩
c0181552_06054906.jpg
OLYMPUS PEN E-P5  OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

瀬田川。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-12-14 06:06 | OLYMPUS PEN E-P5 | Comments(2)
2017年 12月 12日
大津散歩 水位観測所 2
c0181552_18435399.jpg

OLYMPUS PEN E-P5  OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

瀬田の唐橋の袂にある水位観測所の説明版。

琵琶湖の水位は、大阪城天守閣の高さとほぼ等しいところにある、というのを読んで少し感心。当たり前のことながら、水は低い方に向かって流れるのである。
京都盆地も、北と南でそれなりに標高差があるからこそ、賀茂川も高瀬川も南へと流れるわけだ。
琵琶湖の南端から低きに向かって流れ出る唯一の川は、もちろん峠を越えることはできないから、京都と琵琶湖の間にある山塊を大きく迂回し、山崎あたりで他の川と合流して淀川となり、大阪湾へ注ぐ。
大阪平野あたりに住む下流の民は、その水の恵みがあってこそ生きることができるのだから、琵琶湖とそこから流れる瀬田川(淀川)には感謝しないといけない。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-12-12 06:16 | OLYMPUS PEN E-P5 | Comments(2)
2017年 12月 11日
大津散歩 水位観測所
c0181552_18434878.jpg
OLYMPUS PEN E-P5  OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

瀬田の唐橋の袂にある水位観測所である。
小さな小屋の真ん中に、ミシンに時計をくっつけたようなレトロな機械が置いてあって、どうやらこれが自記水位計というものらしい。明治33年に設置されて平成15年まで使われたというから驚きである。
国土交通省のウェブサイトによると、平成15年に目視による観測が終わったとあり、一方で水位の観測は今も行われているそうだから、きっと今はデータをどこかに電気的に送っているのであろう。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-12-11 19:07 | OLYMPUS PEN E-P5 | Comments(2)
2017年 12月 11日
瀬田の唐橋
c0181552_18052671.jpg
OLYMPUS PEN E-P5  OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

日本において、歴史上その名がよく知られた橋という点では盧溝橋に匹敵するだろうか。瀬田の唐橋である。琵琶湖八景の一つとしても知られる。

琵琶湖は、日本一大きな湖でありながら、法律上は河川なのだそうだが、その南端から流れ出る瀬田川に架かる橋である。
古来、京都の奪い合いをしてきた日本の内戦において、この橋は戦略上の重要施設となってきたため(橋が戦略上のポイントであるのは今も昔も同じだ)、「唐橋を制する者は天下を制する」という俗諺も生まれたりした。そういえば自分が一番好きだった戦国武将である武田信玄の遺言は、「瀬田に武田の旗を立てよ」というものだった。
さりながら、京都を制して守る側に立ったものがここで戦うと、
「古来、宇治・瀬田の両川を守って勝ったためしがない」 といった。そのとおりであった。源平争乱のころ、源三位頼政が宇治川をまもって敗死し、木曽義仲も、京を守備しようとして瀬田川に進出して義経軍をふせごうとしたが敗れた。一例として成功したためしがないのである。(司馬遼太郎著「城塞」より)
ということになるので、つまり常に攻め込む側が勝つのであった。
信玄もここに武田の旗を立てることができたとしても、その後どうなったかはわからない。

現在ある瀬田の唐橋は、その風雅なイメージと違って、クルマがどんどん走る、鉄筋コンクリート製の橋である。その点では嵐山の渡月橋に似ているといえる。
もちろん、それは今も交通の要衝であることの証拠ではある。

ちなみに、姫路城の大手門の前にかかる橋も意外や鉄骨造であった、という話はこれ




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-12-11 06:09 | OLYMPUS PEN E-P5 | Comments(0)
2017年 12月 10日
川辺に立つ
c0181552_16351229.jpg
OLYMPUS PEN E-P5  OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

瀬田川。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-12-10 16:38 | OLYMPUS PEN E-P5 | Comments(0)
2017年 11月 20日
尼崎散歩
c0181552_19123551.jpg
Nikon FE10  NIKKOR 45mm F2.8P




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-11-20 19:13 | Nikon FE10 | Comments(7)
2017年 11月 16日
尼崎散歩 川中島
c0181552_06022949.jpg
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

川中島といっても、謙信と信玄が争った場所ではもちろんない。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-11-16 06:09 | OLYMPUS E-620 | Comments(0)
2017年 08月 12日
駅前散歩 紀の川
c0181552_12281237.jpg
Panasonic LUMIX LX100

南海電車九度山駅近く。

結構大きな川だなあ、と思ったら紀の川であった。上流の奈良県内では吉野川と呼ばれるらしい、日本最大の断層である中央構造線を流れる川である。
で、その中央構造線は紀伊水道をまたいで紀伊半島と四国を南北に分割しているけれども、そこを流れている川が四国と紀伊半島、どちらも吉野川という名を持っているのは偶然だろうけども面白い。

ちなみに、四国を流れる吉野川は「四国三郎」とも呼ばれるかつての暴れ川である。
徳島県に学生時代の友人が住んでおり、就職して間もない頃はよく徳島に遊びに行ったものだから、そちらの吉野川は故郷の川のように思っているところがある。
あまり関係ないけど、でも少し関係のある話がこちらに。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-08-12 13:09 | Panasonic LX100 | Comments(6)