タグ:与論島 ( 128 ) タグの人気記事

2016年 07月 26日
旅の記憶
c0181552_4564842.jpg

Panasonic LUMIX LX5




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2016-07-26 04:57 | Panasonic LX5 | Comments(0)
2016年 07月 18日
海の日
c0181552_78081.jpg

OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

海の日である。
前にも書いたように思うけど、今年からは山の日もあるくらいだし、ついでに空の日と川の日もつくってほしいものである。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2016-07-18 07:12 | OLYMPUS E-620 | Comments(6)
2015年 12月 01日
12月の記憶
c0181552_19553169.jpg

Leica M2  Elmar 50mm F2.8

2013年12月。与論島。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2015-12-01 19:56 | Leica M2 | Comments(2)
2015年 06月 06日
記憶の欠片 海の虹
c0181552_177312.jpg

Panasonic LUMIX GF1 LUMIX G 20mm F1.7

波と虹のバラード。

ちなみに、雪と虹のバラード(1972年札幌オリンピックのテーマソング)はこちら(YouTubeにリンク)。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2015-06-06 17:08 | Panasonic GF1 | Comments(2)
2015年 05月 25日
記憶の欠片
c0181552_20225440.jpg

Panasonic LUMIX GF1 LUMIX G 20mm F1.7



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2015-05-25 20:23 | Panasonic GF1 | Comments(0)
2015年 05月 24日
ライカは重い
c0181552_9294146.jpg

Leica M2 Elmar 50mm F2.8

ライカM型を初めて持った人のもらす意見というのは面白い。一〇〇人中一〇〇人までが「想像していたよりも重いですね」というのだ。これはなかなかに興味ある事実である。
ライカM型はその外観はコンパクトに見えても、実際にはその外見よりも重いという事実。
(田中長徳著「論より証拠のコンパクトカメラ」より)

自分も初めてM型ライカ(もちろん銀塩の方)を手にしたときの感想は同じであった。考えてみれば金属とガラスの塊であるから、当然といえば当然かもしれない。
ライカを持って出るときは一緒に小型のデジタルカメラをドンケ(カメラバッグ)に入れているのだけど、これにさらに一眼レフ、特に愛機のニコンD700なんかを入れると重いのでけっこう疲れる。出かけるときにライカを持つか一眼レフを持つか、は究極の二者択一である。

写真は与論島で。
帽子(キャップ)のつばに描かれている草の模様を、どういうわけだか海上自衛隊ではカレーライスという。子供の頃からカレーライスの付いたキャップが好きで、護衛艦の見学会に行ったとき買ったのを今も一つ持っているけれども、もう何年も被ったことがない。その理由は、自分にキャップは似合わないことにようやく気付いたから。決して重たいからではなく。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2015-05-24 10:07 | Leica M2 | Comments(14)
2014年 11月 09日
消波ブロックのある風景
c0181552_1554085.jpg

OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 40-150mm F4-5.6

あまり知られていないことだから書いておくけれど、あのコンクリートの消波ブロックを山ほど置いてる国は日本が世界一なんですよ。(中略) 日本はちょっと広い海岸があるとお約束のように沖はあのコンクリートの行列だ。でもいくら子細に見てもその海岸が波で浸食さているとは全然思えなかったりする。
(椎名誠著「北への旅」より)

海岸線では、高度経済成長時代から現在にいたるまで、テトラポッドが設置され続けています。(中略) アメリカでは研究によってテトラポッドの問題が分析され、ある地域では設置が禁止されて撤去作業が進められています。一方、日本でテトラポッドが撤去されたという話は聞いたことがありません。
(アレックス・カー著「ニッポン景観論」より)

先日、眼科で視野検査を受けたとき、診察の待ち時間に読むのに買ったのが「日本景観論」。写真が多いせいか新書なのに1200円もしたので、ちょっと買うのを躊躇したけど、迷っている時間がなかったので買って読んだのである。少し前に読んだ椎名さんの本にも消波ブロックのことが書かれていたなあ、と思い出したのでこちらも一部抜粋。
確かに日本の海岸線はどこへ行っても消波ブロックだらけだ。我ながら、ちょっとこれについては不感症になってたような気がする。反省。

そういえば青森ではこれを作っている現場を見かけたけど。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2014-11-09 16:22 | OLYMPUS E-620 | Comments(6)
2014年 11月 03日
珊瑚
c0181552_548034.jpg

Panasonic LUMIX LX5

世界自然遺産に登録された小笠原諸島の周辺で中国漁船によるサンゴの密漁が急増している。目に余る無法行為だ。
(11月2日 読売新聞)

早いとこ法を改正するか作るかして、「サンゴの密漁は死刑」ということにしないと。国会で泥試合やってる場合じゃない。
このお店の「珊瑚」の文字ももうすぐ消えてなくなりそうである。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2014-11-03 05:58 | Panasonic LX5 | Comments(6)
2014年 06月 30日
ホース
c0181552_18525179.jpg

Leica M2 Elmar 50mm F2.8




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2014-06-30 18:53 | Leica M2 | Comments(0)
2014年 06月 28日
漁港
c0181552_1259756.jpg

Leica M2 Elmar 50mm F2.8

漁村は、江戸期もそれ以前も、浦・浦方とよばれる。
江戸期では、一種の法制用語でもあった。江戸期も、あるいはそれ以前―はるかな律令制のむかしにさかのぼっても―支配者の経済の基礎が米にあったことはいうまでもない。かれらは、農村―在・在所・在方―に基盤を置いていて、浦方を粗略にした。浦方では一般に米がとれないためである。
(中略)
このことで、在所(農村)が浦方(漁村)をばかにするふうがうまれ、いまも意識のどこかに根づよく残っている地方もある。
(司馬遼太郎著「司馬遼太郎が考えたこと11」より)

地方といわず、国家としてもその意識が今もどこかに残っているのではないか、と思えることがたまにある。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2014-06-28 13:27 | Leica M2 | Comments(0)