タグ:その他国内 ( 109 ) タグの人気記事

2017年 08月 03日
石積み
c0181552_20445999.jpg
Nikon D700 AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G

多々良木ダム。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-08-03 20:46 | Nikon D700 | Comments(0)
2016年 09月 30日
股のぞきの名所だが
c0181552_20322855.jpg
Leica M2 Elmar 50mm F2.8

独創的でユーモラスな研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の2016年の授賞式が22日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれ、両脚の間から顔を出して逆さまに物を見る「股のぞき」によって、視覚に変化が生じることを実証した立命館大文学部(京都市)の東山篤規教授(65)と、大阪大人間科学部(大阪府吹田市)の足立浩平教授(57)が「知覚賞」を受賞した。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は10年連続。
(9月22日 時事ドットコム)

股のぞきといえば天橋立である。自分は数年前に天橋立を訪れたときのことを、絶好の股のぞき日和だったと書いているが、実際は「別に股のぞきしたところで、天地が逆に見えるだけやん。なんと非科学的な」と思っててやらなかったのである。が、そういう態度こそが非科学的であったといっていいだろう。科学にはとりあえずやってみる好奇心が必要らしい。
それにしてもノーベル賞のパロディとはいえ、こういう研究を評価して賞を贈る人も偉い。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2016-09-30 20:39 | Leica M2 | Comments(2)
2016年 09月 01日
Flight Information
c0181552_20492204.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

前のエントリで書いた、山形へ行くのに乗った小さな飛行機について。

これは何という飛行機だろう、と思って乗っていたのだけど、乗り込む前に撮影していた Flight Information にその答えが書いてあった。エンブラエル170という機体らしい。
エンブラエルというのはブラジルの航空機メーカーだそうである。カナダのボンバルディアのライバルといっていいであろう。
現在、トラブル続きでなかなかアメリカへ向かえない三菱のMRJが、これにとって代わる日が来るのかどうか。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2016-09-01 04:38 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(2)
2016年 08月 21日
屋上コンサート
c0181552_10321292.jpg
OLYMPUS STYLUS 1

昨日、妻が出張先のアメリカから帰国したので関西国際空港までお迎えに。
少し早く着いたので久しぶりに展望ホールへ行ったところ、屋上で泉佐野のご当地アイドル(らしい)が、ミニコンサートの真っ最中。観客はあまりいなかったが、アイドルおたくの若者が数人、熱心に声援をおくっていた。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2016-08-21 10:45 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(2)
2016年 08月 18日
ニタマ
c0181552_19381034.jpg
SONY α900 MINOLTA AF 50mm F1.4

いわゆるひとつのネコノミクス。

和歌山電鉄貴志川線。貴志駅。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2016-08-18 19:40 | SONY α900 | Comments(2)
2016年 05月 24日
カワセミの思い出
c0181552_20113014.jpg

OLYMPUS STYLUS 1

枚方市の鳥がカワセミというのはちょっと意外であった。もっとも、これが何の鳥であっても意外に感じるだろうけども。
ちなみに、我が地元を流れる芦屋川でもカワセミは見られる。

カワセミは「渓流の宝石」なんていわれることもあるけど、一時期、自分もその美しさの虜になったことがあって、六甲山にある神戸市立森林植物園へクルマで何度も通ったことがある。広い植物園の奥に野鳥の観察舎があって、そこから時折カワセミを見ることができたのだ。
一眼レフ(当時はまだ銀塩)を乗せた三脚を据えて、カワセミが飛んでくるのを気長に待つのであるが、レンズはそのために買って今もたまに持ち出すミノルタの500mm反射望遠レンズであった。野鳥を撮るには暗くて短い、力不足といっていいレンズで、隣に本格的な超望遠レンズを持った方が来ると途端に恥ずかしい思いをすることになるのである。つまりこのときと同様、最新式のライフルで敵を狙っているアメリカ兵の横にいる、三八式歩兵銃を構えた旧日本兵といった気分である。しかし、幸いたいていは自分一人しかおらず、あまり気にはならなかった。
それでも500mmではやはり短いので、撮影するというよりは、それをもっぱら望遠鏡代わりにしてカワセミウォッチングをしていたところ、ある日、1羽のカワセミが見事なダイブで魚を捕らえると、その魚を枝の上でもう1羽のカワセミに渡す光景を見ることができた。有名なカワセミの求愛行動であった。
たとえ小さくしか撮れなくとも、何でシャッターを切らなかったか、と激しく後悔した。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2016-05-24 20:33 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(4)
2016年 05月 22日
生活感
c0181552_16481527.jpg

OLYMPUS STYLUS 1

市役所とは思えぬ生活感。好きである。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2016-05-22 16:52 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(4)
2016年 02月 15日
北ウィング
c0181552_440595.jpg

OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

昨日のエントリに関連して空港の話。

海外へ出発する際、同じ国際線の飛行機に乗るんだったら、南ウィングよりは北ウィングからがいい、とつい思ってしまうのは中森明菜さんのかつてのヒット曲「北ウィング」の影響である。
ところで、明菜さんの曲に登場する空港はおそらく成田じゃないかと思うのだが、自分がこれを撮ったのは関空。つまり、成田も関空もウィングは南北にわかれている。ついでにいえば羽田や、中部(セントレア)もそうで、つまり日本の主な空港には北ウィングと南ウィングがある一方、東ウィングとか西ウィングというのは(多分)ない。
これはおもしろい偶然。といいたいところ、もちろん偶然などではなくて、日本は地勢上、風が大雑把にいえば南北方向に吹くため、滑走路もおおむね南北軸に置かれることになるから、空港の建物も必然的に南北方向に長くなるのである。
結果、南ウィングよりは北ウィングから乗りたい、という願いは叶えられるとしても、東ウィングから乗りたいというのは日本では叶えられることはないわけだ。まあ、どうでもいい話だけど。
昨日は強烈な南風が吹いた。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2016-02-15 04:49 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(2)
2015年 12月 31日
時差
c0181552_8403284.jpg

OLYMPUS STYLUS 1

昨日(12月30日)の夜、香港から帰国。
まだ時差ボケが抜けないと書きたいところ、香港との時差はたった1時間だからこれはやっぱり時差ボケではない

写真は関空のラウンジで。ここの時計はなんだかおかしい。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2015-12-31 08:48 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(8)
2015年 07月 30日
空港寸景
c0181552_4311744.jpg

OLYMPUS STYLUS 1

関西国際空港。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ



by tajiri8jp | 2015-07-30 04:32 | OLYMPUS STYLUS 1 | Comments(2)