<   2011年 10月 ( 60 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 31日
積載人員
c0181552_1940711.jpg

Venice
Nikon F90X

世界の人口が70億人を突破とか。
自分が小学生の頃、世界の人口は約36億人と覚えたから、自分が生きている間だけで倍増したわけだ。
一般に、暮らしが豊かな国ほど人口の伸びは低くなるから、それだけ貧しい人が地球上にはたくさんいるということ。
この星の最大積載人員はいったいどれくらいなのだろう。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-31 19:47 | Nikon F90X | Comments(4)
2011年 10月 31日
大阪散歩 鳩2羽
c0181552_447463.jpg

Panasonic LUMIX LX5





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-31 04:48 | Panasonic LX5 | Comments(4)
2011年 10月 30日
大阪散歩
c0181552_10403942.jpg

Panasonic LUMIX LX5

このあたりの散歩は楽しかったので、もう一度行こうと思っているのだけど、最近の休日は忙しくて出かけられず。





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-30 10:42 | Panasonic LX5 | Comments(4)
2011年 10月 30日
大阪散歩 収集予定日
c0181552_763193.jpg

Panasonic LUMIX LX5





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-30 07:07 | Panasonic LX5 | Comments(2)
2011年 10月 29日
記憶の欠片 大聖堂
c0181552_21225562.jpg

Milano





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-29 21:23 | 銀塩カメラ | Comments(2)
2011年 10月 29日
尼崎散歩
c0181552_17595076.jpg

OLYMPUS OM-10 COSINA 24mm F2.8

自分はD700などのデジタル一眼レフでも、画像はパナソニック製のアダプターを利用してSDカードに記録してるのだけど。
そのアダプターを一つしか持っていなくて、CFカードも持っていないので、たとえばD700とE-620を同時に使うことができない。これまではデジタル一眼レフを同時に2台使うことは想定していなかったからだが、今後それは不便だろう、ということでアダプターをもう1つ買おうと思ったら、パナソニックはすでに生産を中止していたのであった。
これがあるとコンパクトデジカメとも互換性ができるし、とても便利だと思うのだが。残念。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-29 19:00 | OLYMPUS OM10 | Comments(8)
2011年 10月 29日
大阪散歩
c0181552_22183579.jpg

Panasonic LUMIX LX5

最近、記憶の欠片というタイトルが気に入って使っているのだけど、つまるところ、写真愛好家とは記憶の欠片の収集家である、といってもいいだろう。
自分の場合、その集めた欠片というのが本当につまらぬ欠片ばかりで、間違ってその中にダイヤかプラチナでもまじっていないか、と後で探してみたりするのだが、しょせんはつまらぬ石ころの山なのであった。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-29 02:17 | Panasonic LX5 | Comments(8)
2011年 10月 28日
記憶の欠片 ナイルを渡る
c0181552_20524379.jpg


ナイル川である。
以前にも書いたけど(こちら)古代エジプトの人にとってはナイル西岸というのは黄泉の国であったから、昔、自分は日本でいえば三途の川を渡る旅をしたことになるのであった。
もちろん実際にはたいした旅ではないけど。





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-28 22:15 | 銀塩カメラ | Comments(2)
2011年 10月 28日
c0181552_19551831.jpg


峠という言葉をある辞書でひくと、山の稜線の低くなっている部分、とあって、知ったときはけっこう意外な感じがしたものだ。なにしろ、普通は峠が一番高くて苦しいところであるから。
とはいえ、たしかに頂を越すよりはましである。

司馬遼太郎の作品に「峠」という、長岡藩の河井継之助を主人公にした有名な作品がある。
読んだのは学生時代のことだが、新潮文庫版では上下2冊に別れていて、この作品はその境目にタイトル通り大きな峠がある、というのが友人の感想であった。つまり上巻はつらい登りだが下巻に入ると一気に面白く読めるという意味だ。自分は最初から最後まで面白く読んだ記憶があるので、その峠はわからなかった。

写真は上高地の徳本峠(とくごうとうげ)から見た穂高連峰。かのウォルター・ウェストンが日本を離れることになったとき、この峠から、涙ながらに穂高を眺めていたそうである。この峠から、というのは、当時は上高地を訪れるには必ず徳本峠を越えなければならなかったからだ。今、わざわざこのルートをとる人は少ない。

自分がこの峠に立ったのは1990年の秋のことであった。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-28 20:07 | 銀塩カメラ | Comments(2)
2011年 10月 28日
あの声じゃないと
c0181552_534192.jpg

KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL AF REFLEX 500mm F8.0

昨日はプロ野球のドラフト会議がありましたが。
各球団が指名した選手名を読み上げるのは、やはりかつてのパンチョ伊東さんの声じゃないとしまりがない、と毎年感じるのは自分だけでしょうか。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2011-10-28 05:37 | KONICA MINOLTA α-7D | Comments(10)