カテゴリ:Nikon F100( 34 )

2016年 12月 22日
c0181552_6361754.jpg

Nikon F100

悲しいかな、誰だって、寄る年波には勝てません。

襟裳岬。

※最近、急に老眼がひどくなったので、このエントリ再掲載。悲しみと老眼はどうやら津波のように突然やってくるらしい。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ



[PR]

by tajiri8jp | 2016-12-22 06:23 | Nikon F100 | Comments(14)
2015年 12月 05日
12月の記憶
c0181552_7133359.jpg

Nikon F100

2003年12月。石垣島。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2015-12-05 07:14 | Nikon F100 | Comments(0)
2015年 07月 20日
遠方より
c0181552_722447.jpg

Nikon F100

朋有り遠方より来る。

写真のシルクロードはじめ、内モンゴルやベトナム、北海道などを一緒に旅した友である。
これに写っている人物。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2015-07-20 07:33 | Nikon F100 | Comments(6)
2015年 05月 30日
火の国
c0181552_10532393.jpg

Nikon F100

自分が中学校に入って、「社会」ではなく初めて「地理」という授業に出会ったとき、最初にやったのは日本列島の白地図を描いて、そこにいろんな情報を書き込むことであった。たとえば三陸海岸はリアス式海岸であるとか、日本の中央部には大きな山脈が3つあるとか。鹿児島県にはシラス台地があるとか。
で、当然のように、日本地図のあちこちに火山帯の名前も書き込んだものである。もうはっきり覚えてないけれども千島火山帯とか、那須火山帯とか、霧島火山帯というのもあったか。もちろんそれらはテストの問題になったりもしたのである。
しかしご存知のようにそれらの火山帯の名はもう今では使われていない。世界の火山分布を見れば明らかなように、日本列島全体が環太平洋の火山帯の一部である。正直なところ、当時はなんだかいい加減なことを教わったもんだなあ、という気がしないでもない。
火の国といえば肥の国の語源で熊本県のことだけども、本当は日本中が火の国なのであった。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2015-05-30 11:22 | Nikon F100 | Comments(6)
2015年 05月 25日
はるばる行ったぜ
c0181552_5241586.jpg

Nikon F100

NHKで現在放送中の「ブラタモリ」、京都で復活してレギュラー枠になってからは長崎、金沢、鎌倉と舞台を移して、次回放送は函館だとか。
昨年、金沢、鎌倉をブラTajiriしてきた自分としては、なかなかいい選択をするではいかとNHKの方を褒めてあげたいところである(もちろん冗談)。函館も久しく行ってないけれども、大好きな町である。

しかし幕末に開港した港町という点からいえば神戸を忘れてらっしゃる(残しているというべきか)ようなので、函館の次は神戸に来られることを期待しておこう。で、ついでに尼崎へも・・・と、さすがにそれはないか。

写真は2004年5月の函館。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2015-05-25 06:12 | Nikon F100 | Comments(6)
2013年 02月 19日
尼崎散歩 横断2
c0181552_17453528.jpg

Nikon F100 Tokina 19-35mm F3.5-4.5

2007年11月。杭瀬。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2013-02-19 17:46 | Nikon F100 | Comments(2)
2013年 02月 19日
尼崎散歩 横断
c0181552_551867.jpg

Nikon F100 Tokina 19-35mm F3.5-4.5

2007年11月。杭瀬。

上海での道路横断はこれ



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2013-02-19 05:06 | Nikon F100 | Comments(4)
2012年 12月 15日
トンボロの町で
c0181552_613254.jpg

Nikon F100

海岸と、その沖合にある島が潮の干満によって繋がったり離れたりする現象のことをトンボロ現象というのだそうだ。なんだか面白い名前である。
フランスのモン・サン・ミシェルや、小豆島の エンジェルロードなどはつまりトンボロ現象の観光地なのであった。
トンボロというのは海岸と島の間の砂州そのもののことをいうそうで、これ自体は海岸の風景としてそれほど珍しいものではない。しかしあらためて気が付いたのは、北海道の函館はトンボロの上にある町だということ。函館山は、かつては島だったわけだ。なるほど。今頃になって函館の町の形に納得。

写真は2004年、函館で。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2012-12-15 06:56 | Nikon F100 | Comments(12)
2012年 11月 01日
弥生対縄文
c0181552_11112189.jpg

Nikon F100

北海道のアイヌ民族は地理的に近い関東よりも、沖縄の人たちと遺伝的に近いことがDNA解析から証明されたとする研究成果を、東京大学や国立遺伝学研究所などで作る「日本列島人類集団遺伝学コンソーシアム」がまとめた。北海道と沖縄では、日本列島に古くから住んでいた縄文人と渡来の弥生人の混血が一部にとどまり、縄文系の人々が残ったとする「二重構造説」を裏付ける成果という。
(11月1日 読売新聞)

もちろん、何となくというレベルでしかないが、わかる気がする。
古い日本語が日本の周縁部で方言の中に残っていることがよくあるけれども、遺伝子についてもきっと同じようなことがいえるのであろう。
おそらくは南九州で隼人と呼ばれた人も縄文人の血が濃い人々であったろうと思う。だとすれば、日本最後の内戦(西南戦争)が新政府と薩摩士族との間であったのは、弥生対縄文の最後の戦いだったと見えなくもない。

写真は2003年、沖縄で。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2012-11-01 20:29 | Nikon F100 | Comments(0)
2012年 07月 25日
礼文で
c0181552_20394075.jpg

Nikon F100

外国からの侵攻など有事を想定し、陸上自衛隊北部方面隊(総監部・札幌)が主体となる初めての住民参加型実動訓練が、8月下旬から9月中旬にかけて、利尻や奥尻など道内五つの離島で行われることが25日、分かった。(中略)訓練を行うのは利尻、礼文、天売、焼尻、奥尻の各島。同隊の総合戦闘力演習の一環で、外国からの武力攻撃事態を想定している。訓練は、隊員が小銃を携行して各島に入り、同隊のヘリコプターで住民数十人を避難させる内容。関係者によると、礼文島では、休止している礼文空港からヘリで数十人を搬送する。
(7月25日 北海道新聞)

もしかすると、来月自分たちが礼文島へ行く日と重なるかもしれない。そのときは住民を装ってへりに乗せてもらおうか。ってもちろん冗句。
ちなみに、礼文空港はこれ。普段はカモメしか利用していない空港である。

写真は礼文島の漁港。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2012-07-25 20:45 | Nikon F100 | Comments(4)