2017年 05月 18日
駅前散歩 番台
c0181552_17441076.jpg
Nikon D700 AF NIKKOR 35mm F2.0D

人生で初めて銭湯の番台に座って喜んでいる妻。ふつう、銭湯の番台に座って喜ぶのは男の方なのだけど。
和歌山県は湯浅の古い街(重要伝統的建造物群保存地区)の中にある、廃業した銭湯である。幕末に営業を始めたという歴史のある銭湯だったそうで、昭和60年頃まで続いていたらしい。建物は明治時代のものだそうで、今は内部が一般に公開されている。
番台に座れなくてもいいから、現役のときに入浴しに来たかった。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2017-05-18 17:49 | Nikon D700 | Comments(4)
Commented by H.O at 2017-05-20 13:39 x
奥様ご満悦ですね^^ このように廃業されたあとも残して頂ける所は貴重ですね。
昔は、内風呂外風呂という言葉もありましたよね。きっと現在ではないのかな?^^;
小学校の時に銭湯へ行くの流行りまして、当時はまだ銭湯もあちこちにありましたので「今回はこの銭湯・・」って感じで友達と行きました。懐かしいです。
Commented by tajiri8jp at 2017-05-20 15:51
H.Oさま
恥ずかしながら我が家が内風呂を持ったのは、わたしが中学1年のときでした。小学校まではずっと銭湯の世話になっておりました。
当時行った銭湯の1軒が今住んでいる近くにまだ健在でして、そのうち40年数年ぶりに行かねばと思いながらまだ果たせておりません(笑)。
Commented by H.O at 2017-05-21 02:30 x
Tajiさん、全然恥ずかしお話しではありませんよ!大変貴重なお話です。
是非、その銭湯に行ってください。そしてご感想をブログに・・^^
Commented by tajiri8jp at 2017-05-21 09:26
H.Oさま
そうですね。廃業しないうちに(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 鉄橋を渡る之図      駅前散歩 虫籠窓 >>