2017年 05月 05日
駅前散歩
c0181552_16293889.jpg
Nikon D700 AF NIKKOR 35mm F2.0D

JR湯浅駅付近。

昨日、日帰りで和歌山県の湯浅を歩きに行ってきた。重要伝統的建造物群保存地区がある町ということで、かねてから行こうと思っていたのである。
大型連休に泊りがけで行楽地に出かける気にはなれないが、ふらりとこういうところに出かけることができるのは連休のおかげである。

ところで、醤油といえば関東ではキッコーマンのある千葉県野田市、関西ではヒガシマルの兵庫県たつの市がつとに有名であるが、醤油のふるさとは湯浅である。湯浅は醤油発祥の地なのである。
ここで中国から伝わった金山寺味噌をつくっているうちに、偶然醤油が出来上がったらしい。清酒の誕生も偶然だったという、これはちょっと怪しい説があるが、それ以上に、和食の歴史においてはまさに革命的な偶然が起こった地であるといえるかもしれない。
湯浅は期待に違わず、ほんのり味噌と醤油の香り漂う、静かないい町であった。

※湯浅を歩いてて思いだした、たつの散歩はこちらで、小豆島(こちらも醤油の産地)の散歩はこちら



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2017-05-05 17:24 | Nikon D700 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< くろしおを見送る      駅前散歩 屋根より高い >>