2017年 03月 19日
最後の一袋

c0181552_20343091.jpg
RICOH GR DIGITAL IV

いつも通勤で歩く道路脇にある木の高い枝に、昨年末から、風で舞ってきたポリ袋がずっと引っかかったままなのである。そのうち風がまた運んでいくだろうと思っていたところが、とうとう年を越し、春一番にも耐え、まだ頑張っている。
しかし新緑が出始める頃には落ちてどこかへ飛んでいくだろう、と期待しているのだけど、もしかすると、あのポリ袋が落ちたらわたしの命も終わる、と思いながらマンションの窓から見つめている少女がいたりして。などと想像しつつ毎朝その下を歩いているのである。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2017-03-19 20:56 | RICOH GR DIGITAL | Comments(2)
Commented by cobag2 at 2017-03-19 22:20
「最後の一葉」ならぬ一袋・・・^^; よくぞ観察されました(笑)
「石の上にも三年」、「待てば海路の日和あり」、「棚からボタモチ」、「友あり、遠方より来たる、また楽しからずや」、
「お袋の味」ん?、いろんなことわざが頭の中をグルグルグルグルと・・・^^;
Commented by tajiri8jp at 2017-03-20 07:48
cobag2さま
さて、この場合、どれが正解でしょう(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< あいさつの町      GF-1に似合う >>