2017年 03月 14日
大阪散歩
c0181552_18254908.jpg
Leotax FED 50mm F3.5

ロシア(旧ソ連)でつくられたこのレンズ、その直後はまさか日本で大阪の町工場を撮ることになるとは思わなかったことであろう。
過去これまでに何を撮ってきたのか、できれば尋ねてみたいところである。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2017-03-14 18:34 | Leotax | Comments(6)
Commented by cobag2 at 2017-03-14 22:40
このレンズ、言うことなしですね! 次はM4あたりでの作例を拝見したいです。
最近、ロシアンレンズを多用して見応えのある写真をUPしてるブロ友さんが多いです^^
ジュピターの50/1.5やルサールの20/5.6など薦められてはいるのですがLEICAのフィルム機、
できればM2かM3、M4あたりを狙っているのですが最近大蔵省の監査が厳しくて・・・(笑)。
Commented by H.O at 2017-03-15 00:10 x
いい雰囲気の一枚ですねTajiさん^^
レンズのお話はロマンですね~私も同じように感じてます。カメラもそうですよね。
私の持っているカメラで一番古いものは、ライカのA型ですから大正もしくは昭和元年~数年までのものです。
・・ってことは、色々な戦争や革命等出来事を記録してきたのかもしれないと考え深いものです。
Commented by tajiri8jp at 2017-03-15 20:21
cobag2さま 
ルサールはわたしもちょっと気になるレンズですが、これはインダスターなどと違ってちょっと高いんですよね。さすがに広角は人気があるようで。
M型ライカでいちばん好きなのはやはり今でもM2です。お金さえあればこれのブラックペイントが欲しいんですが・・(笑)。
Commented by tajiri8jp at 2017-03-15 20:23
H.Oさま 
おっしゃるとおりライカのA型となるとまさに昭和の初めからですから、どんな歴史のドラマを見てきたのかとても気になります。
そういうことに思いをはせることができるのが古いカメラの良さですね。
Commented by RYO-JI at 2017-03-15 22:09 x
そうですね、自分も手持ちのレンズが過去にどんな写真を撮ったのか知りたいです。
自信を無くすようなことになるかもしれませんが(笑)。
Commented by tajiri8jp at 2017-03-16 19:39
RYO-JIさま
わたしは、くだらない写真ばかり撮るんじゃない、と叱られそうです(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 大阪散歩      大阪散歩 >>