2016年 09月 11日
アリの巣です
c0181552_06470966.jpg
Nikon D700 COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

前のエントリのタイトル(CARP)に関して。
いまさらいうまでもなく、英語のcarp(=鯉)というのは、sheep(=羊)などと同様、単数形と複数形が同じ、いわゆる単複同形の単語である。
これはなぜなんだろう、と思うに、いずれも目にするときはたいてい複数、つまり群れの形だからか、と誰しも考えるところであろうが、しかしそうならば、やはりまず同様に群れというか大集団で見かけるアリを意味する単語(=ant)に複数形(~s)が存在する理由がよくわからんのである。玄関先に下手に食べ物を置いたりしたら、たちどころに無数のアリがたかって真っ黒になるのは、洋の東西を問わず同じに違いないのに。
まあ、日本人からすれば、名詞に複数形があったり、言語によっては男性名詞や女性名詞なんて区分が存在したりすることがそもそも面倒な話である。






にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ


by tajiri8jp | 2016-09-11 07:08 | Nikon D700 | Comments(4)
Commented by getteng at 2016-09-11 07:18
tajiri8jpさん
大昔、瞬時でしたが、Carpsというユニフォ-ムがあったのを憶えていますか?
Commented by tajiri8jp at 2016-09-11 07:58
gettengさま 
それは知りませんでした。文法的におかしい、という批判があって変えたのでしょうか。
でも単複同形でも例外的にsを付ける場合がありますし、調べてみると、バファローズのように(本来ならバファローで終わるべき)、どうやらチーム名はsを付けてもいいという慣習があるそうです。ならばカープスのままでもよかったのかもしれませんね(笑)。
Commented by keizo-f at 2016-09-11 22:21
まったく面倒です、その区分。笑
カープ優勝めでたいですね。衣笠も津田も喜んでいるでしょう。
Commented by tajiri8jp at 2016-09-12 20:54
keizo-fさま 
わたしと違ってkeizo-fさんの場合は実感なんでしょうね(笑)。
カープの優勝、古葉さんもきっと喜んでらっしゃるでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 時こく表      CARP >>