2016年 09月 04日
寅さんの歩いた青森
c0181552_05162263.jpg
SONY α900 MINOLTA AF 50mm F1.4

映画「男はつらいよ」シリーズの第15作「寅次郎相合い傘」のワンシーン。
北海道を舞台にした作品で、寅さんが連絡船で函館に渡る前夜、青森での宿に向かう場面である。

寅さんのシリーズは最近になって全作を見たけど、この作品のこの場面を目にしたときは思わず感嘆の声をあげそうになってしまった。子どもが路上で遊ぶ夕暮れの青森の街の向こうに、静かに青函連絡船が動いているのが見えて、そこに寅さん(渥美清)さんがふらっと現れる。計算された実に見事なショット。
この作品が公開されたのは1975年で、自分が初めて青函連絡船に乗る年の数年前だけど、その当時の青森にはこんな風景があったのだ。
「男はつらいよ」シリーズは映画としても名作であると同時に、今となっては懐かしい日本の風景を捉えた、優れた記録映像でもあるなあ、とあらためて思う。

ちなみに、青函連絡船に関する話はこちらにも。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-09-04 05:39 | SONY α900 | Comments(8)
Commented by keizo-f at 2016-09-04 09:01
列車が走っているときに、一度行ってみたかった。
こういう光景はぐっときますね。
Commented by naozoom at 2016-09-04 09:45
「男はつらいよ」は日本映画の名作ですね。
青函連絡船に自転車と荷物を載せて、初めて北海道に渡ったときの
ことを思い出します。
Commented by halkyoto at 2016-09-04 21:26
寅さんといえば,かなり歳上と思ってましたが,写真は若く見えますね。
ということは,私はもう寅さんより歳をとってしまったんですね。ややさみしいです。
Commented by tajiri8jp at 2016-09-05 04:55
keizo-fさま
ええ、これはぐっときました。寝台列車で青森に着いて連絡船に乗り換えたあの日が懐かしいです。
Commented by tajiri8jp at 2016-09-05 04:56
naozoomさま
自転車で行かれたんですよね。わたしは列車旅でしたが、今でも連絡船に乗ったときのことは懐かしい思い出です。
Commented by tajiri8jp at 2016-09-05 05:01
halkyotoさま
この作品の頃の渥美さんはまだ若いと思います。ほとんどの作品における寅さんは、私から見ても年下の男です(笑)。
Commented by H.O at 2016-09-06 23:50 x
色々な事情がありますけど、あのような光景を失ったのは大きいですね。
Tajiさんが仰る様に映画が記録映画ともなっているのが幸いです。
Commented by tajiri8jp at 2016-09-07 21:21
H.Oさま 
一瞬しか登場しない映画作品であっても、そこに映像が残っているのは貴重ですよね。
寅さん、どうして70年代の尼崎へ来なかったんだろうと思ってしまいます(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 寅さんの歩いた小樽      年下の男 >>