2016年 08月 19日
貴志駅
c0181552_19243836.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4.0-5.6

和歌山市には、家康の子頼宜がいた和歌山城をはじめ、古寺、仏閣、庭園なども多く、歴史のあとを散歩するには、もってこいの場所ともいえる。
大阪から十分日帰りできる距離にありながら、この貴志駅そのものも、現代から遠く取り残されたようである。
駅のホームには着物にゲタばき姿の夫婦が、風呂敷包みをかかえて電車のくるのを待っていた。
(安田就視著「写真集 ふるさとの終着駅 ローカル鉄道の旅」より)

今も大事に持っている、昭和49年7月に出版された古い新書版の写真集にある文章である。そのタイトルどおり、全国の終着駅を紹介した写真集で、その中に当時はまだ南海電鉄の貴志駅も入っている。
大昔に読んで以来、ここはいつか行こうと思っていた駅の一つであった。しかし、まさかそれから何十年か後に、ネコが駅長をつとめ、駅舎までネコを模したものになって、若い女性観光客がやってくる駅になるとは思わなかった。

和歌山電鉄貴志川線。貴志駅。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

[PR]

by tajiri8jp | 2016-08-19 20:41 | OLYMPUS OM-D E-M10 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 天狗      見つめる >>