2016年 01月 02日
香港散歩 赤いスーパーカー
c0181552_5111354.jpg

Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4D

まことに不思議なことに、香港のくるまのナンバーは、車体にではなくその所有者に属する。つまり、くるまを買いかえてもナンバーはもとのまま。ということは、ナンバーを見て数字が若ければ、そのひと(の家)はそれだけ古くからくるまを所有していたということになる。反対に、いくらロールスロイスを乗りまわしていても、今年登録したナンバーがついていれば、お里が知れてしまうというわけだ。
(山口文憲著「香港 旅の雑学ノート」より)

そのため、若い数字のナンバープレートにはオークションでとんでもない高額がつくらしい。今は日本でいう希望番号制のようなものでアルファベットだけというのもできるそうだが、人気のある語順はやはり高額で取引されるそうだ。
このクルマなんてどれほどのリッチマンが乗っているのか。

一昨年ロンドンで撮った同じランボルギーニはこちら



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2016-01-02 05:30 | Nikon D700 | Comments(2)
Commented by cobag2 at 2016-01-02 10:21
昨日のドレスに引き続き何故に香港では赤がメチャクチャ似合うのでしょう^^
存在感があり過ぎですね!
それにしても人影が見えませんが何時頃でしょう?
Commented by tajiri8jp at 2016-01-02 20:59
cobag2さま 
ロンドンでも赤が似合うと思いましたが、香港でもそうですね。その点はさすがに元英国の植民地、と思いました。
まあ、香港に関しては中国人が赤を縁起のいい色として好むということもあるんでしょうけども。
この写真で人が写っていないのは、この通りは閉まっている店が多くて、比較的静かだったからです。午後の3時頃だったかと思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< 香港散歩      香港散歩 赤いドレス >>