2015年 11月 21日
タイムトラベル
c0181552_21255636.jpg

Nikon D700 Zoom- NIKKOR 28-50mm F3.5

映画「ENTER THE DRAGON」(邦題「燃えよドラゴン」)のタイトルシーン。

この映画が日本で公開されたのは1973年だそうだから、背景に映っているのは、その当時、おそらくは1970年から72年頃の香港かと思われる。
しかし、本当にこれは香港なのかと疑うほど、今とはずいぶん違って見える。当たり前のことながら、香港にもこんな時代があったわけだ。
自分が初めて香港を旅行したのは1993年で、この映像のほぼ20年後。すでにもう超高層ビルが林立していたから、都市の発展のスピードというのは想像を絶するほど早い、とこれはいっていいかもしれない。
そういえば上海の変わりようも同様だし、考えてみれば、自分が就職した当時、30年前の東京も今ほど超高層ビルはなく、新宿西口にようやく2つか3つ建ち始めていただけであった。

この年末の旅は今のところ香港へ行く予定にしているのだけど、本当は、超高層ビルが見当たらず、海にはたくさんのジャンクと水上生活者のボートが浮かんでいる、この映画の中にある1970年頃の香港にタイムトラベルしたいところである。
とはいえ、香港に限らず、今から30年後、50年後の人々はきっと今の自分のように、2015年の風景を見てノスタルジーを感じるはずであるから、ここはそういうことをきちんと肝に銘じた上で、旅あるいは散歩をしたいものだと思う。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2015-11-21 21:52 | Nikon D700 | Comments(2)
Commented by taketyh1040 at 2015-11-21 22:26
こんばんは。
私が就職したのは50年以上前でしたが、当時の新宿は、まだ駅舎も木造で、
今の高層建築が並んでいるところは浄水場でした。街には純喫茶やジャズ喫茶が軒並み並んでいました。
不思議なのは、賑わいは今と変わりなく、イメージは、全くと言って良いほど変わらないのです。
ただ言えることは、綺麗になりました。そして、昔も今も大好きな街です。
Commented by tajiri8jp at 2015-11-22 04:52
taketyh1040さま 
おはようございます。
今となれば木造駅舎の新宿なんてちょっと信じがたいくらいですね。もっとも50年というスパンで見れば日本中が大きく変わりましたけれども。
昔からずっと知っていて、今も大好きな町、自分でいえば尼崎ですかね。超高層ビルが一つもないのが新宿との大きな違いです(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 予想する      記憶の欠片 傾いた路地 >>