2015年 03月 03日
自働電話
c0181552_21115928.jpg

Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4D

先日、熱海は市外通話発祥の地らしい、ということを書いたけれども、それで思い出した話が。
自分が幼い頃、両親が故郷に電話をかけるときは交換手に接続を依頼していた記憶があって、学生になって同級生にその思い出話をすると、そんなアホな、と信じてもらえなかったことがあるのだが、しかし歴史を調べると、自分がまだ小さい頃は市外通話は自動化されていないところが実際ほとんどだったのである。すなわち、日本で市外通話のダイヤル直通が始まったのは1965年、東京と各県庁所在地の間からで、その後、全国すべてが完全に自動化されたのは1979年なんだそうである。1979年といえば自分が高校生のときで、父の故郷は兵庫県のはずれにある山間部の村(こんなところ)だったから、自分の記憶はおそらく間違いではない。
そう考えると、電話、あるいは通信技術というのは、短い期間にものすごく発達したのだなあ、とあらためて思わざるを得ない。単に自分が爺さんになっただけ、という話かもしれないけど。
ただ、以前に書いたように、それだけ未来まで生きてきたのだ、ということではある。

写真はこの電話ボックスの中。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2015-03-03 21:39 | Nikon D700 | Comments(4)
Commented by halkyoto at 2015-03-03 22:35
おっしゃるとおり,電話の進歩は急速でしたね。そもそも携帯電話を各人が持ち始めたのってついこの間じゃなかったでしょうか。(^^;)
Commented by tajiri8jp at 2015-03-04 04:37
halkyotoさま 
それについても以前に書きましたが、携帯電話の台数が急に増え始めるのと、小型ペットボトルの登場はどちらも1996年です。つい最近のことですよね(笑)。
Commented by H.O at 2015-03-04 05:01 x
写真に写っている昔の電話機懐かしいです。子供の頃、田舎の親戚の家にありました。
電電公社が懐かしいですね~。携帯がこんなに流行る前に自動車電話も見栄でつけてる人やダミーのアンテナとかも流行りましたねw
Commented by tajiri8jp at 2015-03-04 20:49
H.Oさま 
自分は昔の電話機が生活の中で実際に使われているのを見たことがありません。映画やドラマの中で知っているのみです。
職場の近くには今もダイヤル式の公衆電話(ピンク電話)がありますが。
昔は自動車電話を外で使うといた感じのショルダーフォンなんてのもありましたね。印刷会社の社長が自慢げにぶら下げて職場によくやってきたのを今も覚えてます(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 神戸散歩      尼崎散歩 街灯点る >>