2015年 02月 06日
M4-2を買った
c0181552_2014242.jpg

Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4D

ライカM4-2を買ったのである。
ご存知のとおり、歴代ライカの中ではもっとも人気のないモデルである。そのおかげでライカとしては随分安く買えるわけで、こいつも大阪市内の某カメラ店で、一桁万円ぽっきりのお買い得価格であった。長く愛用したM2(これ)を下取りに出し、追い金を少し払って入手した。M2は自分と同い年のいわゆるバースイヤーライカで愛着があったから、残すことも考えたが、ライカ用レンズをたいして持っていないのにボディを多く持ってても仕方ないので手放すことにした。
本当はM4-P(これもライカとしては不人気モデル)を買うつもりだったのだけれど、M2の下取り価格が自分の評価よりも低かったため、どうするか迷っていたところ、そのすぐ近くの店で3万円以上安いM4-2を見つけ、おまけに下取り価格も1万円高い評価だったことからこちらに決めた。中古の程度としてはほぼ同じと見えたので、トータルで4万円以上の差があるなら、迷うことなくこちらである。
M4-2の不人気理由は、別に自分が説明するまでもないので詳しくは触れないが、よくいわれるコストダウンによる質感の低下というのは、それによって写真を撮ることができないということではないし、これだって紛れもなくライカではあるから、本人が納得して使えば何の問題もないわけである。
愛機であったM2と比べても自分は別段大きな不満を感じないし(といって、この時代のライカ独特の問題がないわけではない)、ファインダーはむしろこちらの方がよく見えるくらいである。が、まあ、それはさすがに個体差であろう。
M4-2の長所をいえば、ファインダーに表示されるブライトフレームがシンプルであることだろう。50mmを装着したときに出るフレームは一つだけで、ファインダーのシンプルさはM2に近い。この点はM4-P以降のライカより好きな点である。
それと前面のおでこに赤丸がなくて、トップに Leitz という文字が彫り込んであるのもいい。以前に使ったM6TTLはおでこに赤丸があって、トップに何も彫り込まれてないのがどうも気に入らなくて、これはM6TTLを手放した理由の一つであった。
これからはこれが自分の愛機。我がカメラ世界における政権交代である。

ちなみに、自分が下取りに出したM2は、「良品」として、なかなかのお値段で店頭に置かれている。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2015-02-06 20:33 | Nikon D700 | Comments(4)
Commented by cobag2 at 2015-02-06 23:50
ますますフィルムの呪縛から逃れませんですね〜、ご同輩^^
最近、ボランティアで当地の観光課の依頼の町のあちらこちらを
撮り歩いております。
時間がないのでデジばっかり、フィルムは今月いっぱいは手が付きません(汗;)
Commented by H.O at 2015-02-07 03:39 x
M2を下取りにだされたと仰っていたので驚きましたが人それぞれですもんね。^^
こちらもかっこいいですね。^^
Commented by tajiri8jp at 2015-02-07 07:51
cobag2さま 
ボランティアで観光課の依頼をお受けになって・・とはすごいではないですか。地元のためにぜひよい「仕事」を(笑)。
Commented by tajiri8jp at 2015-02-07 07:53
H.Oさま
M2が最高のライカだとは思っているんですが、黒いM型も使いたくなりまして・・。安物ですがかっこいいライカだと思っています。
名前
URL
削除用パスワード


<< 尼崎散歩 白鷺      尼崎散歩 日本庭園 >>