2015年 01月 20日
Nikon FE10
c0181552_181504.jpg

Nikon D700 AF NIKKOR 50mm F1.4D

新年早々、我が家にやって来たカメラ。ニコンFE10である。
機械式シャッター搭載のFM10ではなく、ほぼ同じ外観で、絞り優先AEを搭載したモデルだ。もちろん中古だが、大阪市内の某中古カメラ店で6,000円足らずであった(ボディのみ)。
FM10の方は、F6とともに今なおニコンの現役製品であるから、中古市場でもけっこう見かけるが、FE10はあまり見かけない。FM10が現役なのはニコンの良心といえると同時に、機械式のカメラが長命であることも示しているといえそうだ。

FM10もFE10もご存じのように本当はコシナのカメラである。おそらくBESSAのベースモデルと同じで、かつてはオリンパスやキャノンにも兄弟モデルがあった。
今さらこれを買ったのは、ふと、ニコンのMF一眼レフでAEが使えるのが欲しくなったから。それにコシナ製の一眼レフはかねてから一つ欲しいと思っていたこともあって、これを選択した。
ニコンのAE一眼レフとしては、EMとFM3Aを以前所有していたのだけど、EMはライカ購入のための軍資金の一部となり、FM3Aの方はこれは額のロゴが斜体であるのがどうしても好きになれず手放したのであった(こちら)。額のロゴが気に入らないというのであれば、このFE10だって斜体のロゴじゃないかといわれそうだが、こちらはニコンの伝統的なデザインではないので、別に気にならないのである。
これと45mmパンケーキレンズとの組み合わせは、FM2/Tに装着するよりもグッドバランスで、今後このレンズを使うときはもっぱらFE10を使いそうだ。

それとFE10の特徴として、電源スイッチがないことがある。ニコンの場合、巻き上げレバーを少し引き出さないと露出計がオンにならず、シャッターも切れないのが、FE10はシャッター半押しだけで電源オンとなり、そのままシャッターが切れる。たしかミノルタXDもそうだったように記憶しているけれども、これはいざというときに電源が入っていなかったという失敗がないので、スナップに強いカメラであるといえる。これも自分の好みに合うところだ。
ただ、バッグの中で知らない間にずっと電源が入ったままになってバッテリー切れ、という恐れもあるけど。

FE10は、はっきりいえば現行品であった当時はいわゆる安物カメラであったろうけれども、今や銀塩のMF一眼レフというものが中古市場においてほとんどどれもが「安物」になってしまったから、他と対等の存在になったといえるかもしれない(その一方、昔よりコシナの地位は上がっているし)。
銀塩華やかなりし頃に存在した階級制度が、デジタル革命で崩壊し、皆が平民になった、といったところであろうか。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2015-01-20 05:05 | Nikon D700 | Comments(8)
Commented by nezumineko at 2015-01-19 21:21 x
今年はまだカメラ買ってません。
久しぶりに中古カメラ店巡りしてみたくなりました。。
Commented by speedstar-dhy at 2015-01-19 22:28
このカメラ、コシナ製なんですね。
このレンズとの組み合わせ、なかなかチャーミングです(*^_^*)。
Commented by keizo-f at 2015-01-19 23:23
FM10は知っていたけど、FE10ってカメラがあったのは、実は知りませんでした。
またいい写真をみせていただけそうです。
Commented by H.O at 2015-01-20 03:15 x
最近のかめらより先鋭的に見ますね~^^
仰る様にこのレンズのバランスもいい^^
Commented by tajiri8jp at 2015-01-20 05:46
nezuminekoさま 
中古の銀塩カメラはずいぶん安くなりましたが、見ているだけでも楽しいですよね。
Commented by tajiri8jp at 2015-01-20 05:48
speedstar-dhyさま 
外装はプラスティックで、安っぽいといえば安っぽいんですが軽いですし、気に入ってます。
Commented by tajiri8jp at 2015-01-20 05:48
keizo-fさま 
カメラは買えても、いい写真を撮る腕は買えませんからね。そこが問題です。
Commented by tajiri8jp at 2015-01-20 05:50
H.O さま 
コシナには、デザインを先取りしていたカメラがありますね。これも悪くないと思っています。
名前
URL
削除用パスワード


<< 湘南散歩      湘南散歩 江の島へ渡る >>