2014年 10月 31日
ブレンド
c0181552_2183848.jpg

RICOH GR DIGITAL

―ブレンドは神秘である。
という言葉がある。竹鶴はイネス工場長の下でその意味をじっくり噛みしめることができた。モルト・ウィスキーが造られたのち、樽の中で眠りながら成長するのが、時と自然の恵みによるものだとすれば、各種モルト・ウィスキー同士を混合し、グレイン・ウィスキーとブレンドする技術は、ブレンダ―の鼻のみが行う魔術といっていい。
(川又一英著「ヒゲのウヰスキー誕生す」より)

現在読書中の本から。癖の強いモルトウィスキーが、ブレンドによって見違えるほど旨くなることがあるらしい。なるほど。そもそもモルト・ウィスキーをなんでブレンドするのだろうと、以前にサントリーの山崎蒸溜所を見学したときからずっと思ってたのである。そんな疑問は工場見学した時点で解決せえよ、という話だけども。
しかし、こういう本を読むと、またサントリー「山崎」とか、この際はニッカ「竹鶴」を飲んでみたくなる。が、飲むとすぐに気分が悪くなるのはわかったことである。返す返すも、あともう少しだけ、酒の飲める体に生まれたかった。

写真はサントリー山崎蒸溜所で。
ちなみに、このすぐ近くにある大山崎山荘美術館は、自分たち夫婦の思い出の場所なのである。どうでもいいことながら。
それまで別々の人生を歩んできた男女も、結婚というブレンドによっていい味を醸し出すことができる。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2014-10-31 21:39 | RICOH GR DIGITAL | Comments(6)
Commented by taketyh1040 at 2014-11-01 20:40
深いお話しですね〜。
私も、酒を飲めない体質なので、営業生活では、当時、苦労しました。
特に東北では、世の中に酒の飲めない人種はいないと思っている人が多かったように思います。
お陰で、飲めない私も、随分、ネオン街を歩き、一通りの経験をさせてもらいました。(^_^;)
Commented by tajiri8jp at 2014-11-02 12:06
taketyh1040さま 
酒を飲めないと、お付き合いという面で損をすることがありますねえ。
自分も若いころはあまり飲めない中、少し無理してカラオケスナックなどへのお付き合いはけっこうしました。倒れて介抱してもらったこともありますけど(笑)。
今は無理することなく、家でたまにビール1本だけ飲んでます。
Commented by H.O at 2014-11-03 00:12 x
思い出の場所。いいですね~^^
Commented by tajiri8jp at 2014-11-03 07:28
H.Oさま 
実はたいした思い出でもないんですけどね(笑)。
Commented by taketyh1040 at 2014-11-04 16:41
本日の外伝によると
英国のウイスキーガイドブックのウイスキー・バイブル2015年版が、サントリーの山崎シェリーカスク2013を世界最高の品に認定したと報じました。
「表現できないほど天才的」と評し、100点満点中97、5の評価をしたと伝えています。
すぐに、貴方のこの記事を思い出しましたよ。
Commented by tajiri8jp at 2014-11-04 20:17
taketyh1040さま 
フランスに住んだことがある友人が、フランスはどこへ行ってもまともなレストランには必ず「山崎」を置いているといってました。
そんなニュースをお聞きすると、ますます飲みたくなります(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< グラウンド整備      戦争を語る >>