2012年 11月 17日
音の風景
c0181552_762014.jpg

LEICA M6 TTL COLOR SKOPAR 35mm F2.5

昨日の仕事帰り、クルマのラジオのスイッチを入れると、流れてきたのは福井県は東尋坊あたりの「音」。
NHK-FMの番組「音の風景」だと思うが、いつもと異なる時間帯に5分以上放送していたので、時間調整のためのロングバージョンであったか。信号の多い道をゆっくり走りながら、ボリュームを少し上げるとクルマの中が日本海の波の音で満たされて実に心地よい。

ところが、信号待ちで前に止まったクルマが、元国営大企業の労働組合のクルマで、屋根の上のスピーカーから、「我々はこの不当な配置転換に抗議し・・」なんて声が流れてきた。穏やかな声ではあったがそれなりの音量なので、もう波の音を楽しむどころではない。
虫の鳴き声を愛し、「音の風景」なんて番組もあるわりに、日本人は音に対して無頓着なところがあって、なんとも不思議だ。企業の労使交渉なんて他の人には関係ない騒音で周囲に迷惑をかけるのはやめていただきたいもんである。

しかし、もうすぐ選挙となると立候補者や政党の名を連呼するクルマがまた走り回ることになる。あのやり方もどうにかならんのかと思うが、まあ、考えようによってはあれも日本独特の「音の風景」か。
迷惑だけど。

写真は「音の風景」で思い出した東尋坊。大規模な柱状節理の断崖で、国の天然記念物である。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2012-11-17 07:58 | LEICA M6TTL | Comments(6)
Commented by muya3094 at 2012-11-17 13:05
お写真を拝見しながら 故郷・徳島の「土柱」を
思い出しました ♪

「音の風景」 目を閉じて感じていたいですネ!
Commented by tajiri8jp at 2012-11-17 18:25
muya3094 さま 
目を閉じて感じていたい、とはそのとおりです。クルマの中ではさすがに無理ですが(笑)、まったく迷惑なクルマでした。
土柱、見に行ったことありますよ(笑)。友人が徳島在住なんです。懐かしい。
Commented by Pubcom156 at 2012-11-17 21:27
こんばんは
tajiri8jpさんのご指摘のとおり日本人は音に関して本当に不思議です。
イギリスではパトカーは夜にはサイレンを鳴らしません。消防車も。
もちろん選挙時の、『〇×太郎です。〇×太郎です!本当に最後のお願いに参りましたぁ----!』なんて拡声器で叫ぶことはありえないし。
まして、街宣車などありえないのでガイジンには本当に新鮮なようです。
どうだか、ですけどね。
Commented by tajiri8jp at 2012-11-18 08:18
Pubcom156 さま 
おはようございます。
駅のアナウンスやエスカレータでの音声案内など、親切すぎで不要な音も多いですし、原因の一つは日本人が社会的には大人になっていないこと、責任をすぐにどこかに転嫁しようとする精神構造にありそうですね。
Commented by うっしー at 2012-11-18 15:38 x
初めまして。
以前から時々お邪魔していました。
今日もここに写る自然の圧倒的な迫力を感じたのですが、
うまく表現できないので、今回も写真を拝見するだけにしようかと
思っていました。

ところが、記事を拝見していたらこの回の「音の風景」が
話題になっていたのがうれしくて、コメントを書かせていただくことにしました。
一つ一つの音が重なったり並んだりしながら色々な方向から聞こえてくるような
繊細な番組だと思いましたので、町の「騒音」は、さぞ不快だったことでしょう。

これから降って湧いたような政治の季節が始まります。
必要以上に大きなボリュームで喚き散らさないでくれることを祈るばかりです。
Commented by tajiri8jp at 2012-11-18 18:36
うっしーさま 
はじめまして。コメントありがとうございます。
もしかして同じ番組をお聴きになっていたのでしょうか。
音の風景が途中、騒音で途切れたのは残念ですが、あれも日本の音の風景とあきらめるしかないですね。
久しぶりに騒がしい政治の季節ですが、名前の連呼だけで投票を呼び掛ける時代ではもうないのですから、政治も早いとこ時代に対応していただきたいものだと思わずにいられません。
名前
URL
削除用パスワード


<< 尼崎散歩      尼崎散歩 煉瓦の倉庫 >>