2012年 05月 29日
熱海散歩
c0181552_20333240.jpg

Nikon D700 SIGMA 24-135mm F2.8-4.5

熱海温泉はかつてに比べるとずいぶん寂れた。
と聞いていたし、実際、何年か前にクルマで通りかかったときもそんな印象を持ったので、熱海も今では由緒正しき温泉街なのかと思ったのだが、駅を降りてみればけっこうな賑わいで、とても寂れたとは思えない。
確かにちょっと注意して見れば、廃業した旅館や廃屋のような建物がけっこうある。駅前のビルも総じて古いものが多い。それでも同じ古湯でも三朝や有馬などの関西の温泉からすれば、うらやましくなるような人出ではなかろうか、と自分には見えた。
なんだかんだいっても首都圏に近く、新幹線の停車駅があるのは強い。駅前にあるのは温泉街というよりも温泉都市である。
「全盛期」の賑わいはどれほどにすごいものだったのか、と思わずにいられない。

高度成長期に賑わったものや作られたものが、寂れたり、老朽化が目立ったりするのは何も熱海に限った話ではない。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ

by tajiri8jp | 2012-05-29 02:32 | Nikon D700 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 熱海散歩 残景      熱海散歩 銀座 >>