2011年 11月 30日
生命活動
c0181552_19493577.jpg

Leica M2 Elmar 50mm F2.8

新聞で、野呂さんとおっしゃる方が「ノロウィルス」という名前を変えて欲しいと訴えている、という記事を見ました。
確かに全国の野呂さんにとってこの名はいい気分ではないでしょうし、いじめの材料にもなりかねません。ノロウィルスは正式にはノーウォークウィルスといい、ノロというのは単に発音を短くするためそう呼ばれているだけだそうです。そういう正式名があるならそっちの名で呼んでくれ、という野呂さんの気持ちはわからないでもありません。
しかしそうなると今度はノーウォークさんが困るのではなかろうか。と思ったら、ノーウォークというのはウィルスが発見された町の名だそうです。

ウィルスではありませんが、地名のついた病名で思い浮かべるのが水俣病です。
高度成長期に水俣で最初の患者が発生した公害病で、その名に地名が使われ、それがあまりに有名になったため、水俣の漁業民はその後長く、水俣産というだけで海産物が売れない、いわゆる風評被害にも苦しむことになります。
すると、ノロウィルスについてもノーウォークさんではなく、ノーウォークの方々にとって、やっぱり困ったことにならないのか、ちょっと心配してしまいますが、スペイン風邪とかホンコン風邪と同様、たまたまそこで見つかっただけの流行病ですから、きっと大丈夫でしょう。
それにしても、こういうもののネーミングには注意が必要です。

ちなみに、ウィルスはかつてはビールスなんて呼ばれたこともありました。子どもの頃に見た映画などではビールスと発音していたものがけっこうあったように記憶しています。
さらにちなみに、ウィルスというのは生物と無生物の中間とされていて、一体どちらなのか、明確な定義がありません。「利己的な遺伝子」(リチャード・ドーキンス著)を読んでいると、本来、生物の細胞中に宿るべき致死的遺伝子が何らかの理由で外界を漂うようになったものではないか、といったようなことが書かれていて、驚きました。
人間をはじめすべての生き物が遺伝子の乗り物であるなら、当然ウィルスにとっても乗り物であるわけで、どういう名のウィルスであろうと、恐らく人間が滅びるまでずっとつきあわないといけないのだろうな、と思います。





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2011-11-30 20:35 | Leica M2 | Comments(6)
Commented by TOMOWL at 2011-11-30 22:10 x
こんばんは。

実はアルハンブラ宮殿にコメントしようと思ったのですが(初めての海外がスペインでした)、こちらのエントリーに引っ張られました。

確かにビールスと呼んでましたね。
同じウィルスでも悪さをしないものならネーミングが売りになることもあるのにと思います。
短絡的に物事を結びつけてしまう事の怖さも人間が生きている限り続くのでしょうか。
Commented by rogan-since2005 at 2011-12-01 01:40
こんばんは。

確かに野呂さんによっては、「ノロウィルス」はあまりうれしい
名前ではありませんよね。子供たちのいじめは些細なことで始ま
りますから。子供は割りに残酷な側面をもっていますね。

モノクロだと下町の風情がいっそう深いものになりますね~。
Commented by tajiri8jp at 2011-12-01 05:45
TOMOWL さま 
おはようございます。
ネーミングは時間が経つとイメージが変わることもありますし、気をつけいないといけませんね。自分には経験がありませんが、我が子の名を決めるというのは親にとって重大な作業だというのがよくわかります。
Commented by tajiri8jp at 2011-12-01 05:48
rogan-since2005 さま 
おはようございます。
子どもって、邪気がない分残酷ですからね。
rogan-since2005 さまのように味わいのある下町写真が撮れるといいのですが・・。
Commented by k7003 at 2011-12-02 12:28
言葉狩り、風評被害、、、というのは、マスコミ、ミニコミ、ネットが実情を誇大化してお化けにしてしまっています。メディア事体が風評被害です。ピープルをなめちゃいけねえよ。
Commented by tajiri8jp at 2011-12-02 18:55
k7003 さま 
メディアに踊らされないようにしないといけませんね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 師走      大阪散歩 トンガリハウス >>