2011年 07月 25日
先頭車両
c0181552_1995523.jpg

BESSA L SUPER-WIDE HELIAR 15mm F4.5

中国浙江省温州市で起きた高速鉄道事故で、中国当局が脱線落下した先頭車両を破壊した上、現場に掘った穴に埋めていたことが分かり、インターネット上などで「証拠隠滅だ」との批判が相次いでいる。(7月25日 東京新聞)

いやあ、被害者には申しわけないけど、笑ってしまいました。さすが焚書坑儒の国、中国。埋めるか。
中国は新幹線を海外で特許申請するなら、ついでにこの隠ぺい方法も特許か実用新案の申請をしたらどうだろう。

しかし、この手のニュースで必ず聞くのが、こういった事故は日本では起こらない、という話。「安全神話」があてにならないのは既にみんな知っている。他山の石とすべし。

実のところ、自分は列車の先頭車両に乗るのはちょっと怖い。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ人気ブログランキングへ
[PR]

by tajiri8jp | 2011-07-25 19:28 | SUPER WIDE-HELIAR | Comments(12)
Commented by kawamutsukun at 2011-07-25 21:13
尼崎の事故以来、特にJR西管内の路線では顕著だと聞いた覚えがあります。
今や先頭に乗るのは終着駅の改札口が一番近いか、鉄オタくらいでしょう。
私も先頭に乗りますが、理由は空いていて座れるからです。
しかし、運転席後ろの窓にへばりつく鉄の多いこと・・・。
Commented by jomu at 2011-07-25 21:49 x
いや、ほんと驚きましたね。
事故はともかく、埋めるという発想に・・・。

しかし東電や行政のおかげで、【想定外】という言葉が言い訳のフレーズとなり、
今後使えないという風潮になってしまったのはまさに想定外ですね(汗)。
Commented by speedstar-dhy at 2011-07-25 22:09
中にはまだ生きているひともいたという話もありますね。
全くあきれた話ですが、日本でもこういうことが出来たらと
思っている連中もいそうです。
Commented by Airのように at 2011-07-25 22:10 x
ある意味、日本の技術のパクリではないことが証明されたように思います。
技術は張りぼてではいけませんよねぇ!
Commented by reema at 2011-07-25 23:06 x
台湾の新幹線は「日本の技術だから大丈夫」、
とコメントしたらしいですけど、
確かに油断が一番怖いですもんね。

それにしても役人が率先して証拠隠滅。
さすがとしか言い様がありません・・・
Commented by amagatsu at 2011-07-26 00:25
私も尼崎のあの惨事以降、先頭車両は少し怖いです。。。
幼い頃に、列車のブレーキが効かなくなってしまい
先頭車両は危険と言うことでみんな後部車両に移った所
乗客の居ない軽い先頭車両よりも、重量(振り子の原理で)が
ある後部車両側がカーブを曲がり切れずに脱線事故が
起こった事を聞かされたのを思い出しました。
しかし、埋めてどうすんの?って話ですね。
また、再開した列車がもう満席なのも全く理解出来ません。
ほぼ確実にまたやからしますね。。。
Commented by tajiri8jp at 2011-07-26 13:03
kawamutsukunさま 
自分も空いていて立ちやすいから、という理由で先頭を選ぶことがありますが、本当はなるべく乗りたくないですね。鉄ちゃんでもありませんし・・(笑)。
Commented by tajiri8jp at 2011-07-26 18:19
jomu さま 
おっしゃるとおり、「想定外」はちょっと使えなくなりましたね。
しかし、想定外を想定するのは矛盾していますが、鉄道事故に想定外はあってはいけませんね。さすがに隕石の衝突なんてのは別ですが(笑)。
Commented by tajiri8jp at 2011-07-26 18:20
speedstar-dhy さま 
民主主義というのは実に手続きが面倒ですからねえ。こういう独裁的なやり方を羨ましく思う人は確かにいそうです(笑)。
Commented by tajiri8jp at 2011-07-26 18:23
Airのように さま 
おっしゃるとおり、中国の独自技術であることが証明されましたね。被害に遭われた方には気の毒ですが。
Commented by tajiri8jp at 2011-07-26 18:26
amagatsu さま 
なるほど、重量のバランスですか。昔はそういうこともあったんんでしょうね。
再開後の列車ってよく乗る客がいるなあ、と思いますね。よほど事情があるのかもしれませんが。確かにまたやりそうです。
Commented by tajiri8jp at 2011-07-26 18:29
reema さま 
まったく、実に中国らしい話です。
しかし、日本の新幹線も、さすがにこんな追突は論外かもしれませんが、これまで無事故だったのは多少の幸運もあったのでは、と思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< 路上の瓦礫      西宮散歩 >>