2009年 10月 29日
探している風景
c0181552_19145488.jpg

Canon PowerShot G10

自分が探している風景、というのは、実は夢の中で見た小さな漁港だ。
大きな町からそう遠くなく、海から漁船を引き上げられるようにスロープがついていて、すぐ近くには赤い鳥居の小さな神社があって、船の傍では親子が遊んでいる。
夢で見ただけなら実際には存在しない港なのではないか、というとそうでもなくて、自分は確かにそこを歩いたことがあり、その記憶が夢に現れたような気がするのだ。
どうも、そこはたとえば北海道のような遠くではないように思えるので、時々近くの町の海辺を歩いてみたくなったりする。
我ながら、ちょっとミステリー小説の導入部分のような話ではある。


明石市。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

by tajiri8jp | 2009-10-29 19:21 | Canon PowerShot G10 | Comments(12)
Commented by ponchikuism at 2009-10-29 19:51
その感覚、わかります^^
夢か現か定かでない懐かしい光景って誰でもあるんじゃないでしょうか。
そういうのって、探そうとして見つかるものではなく、何らかの偶然で
唐突に出会えるような気がしますが・・・。
Commented by tajiri8jp at 2009-10-29 21:04
ponchikuismさま 
そうですね、忘れた頃、突然に出会うものかもしれませんね。
あまり意識せず期待しようと思います。
Commented by nagomuyoshi at 2009-10-29 21:14
以前wowowで、写真家・芳賀日出男さんの番組をやってましたが、
その最後の方に、海辺に赤い鳥居があるまちで、
お祭の写真を撮ってましたが・・・。
まったく違うでしょうが、そんなこと思いだしました。
Commented by jomu at 2009-10-30 00:59 x
こんばんは~。
国内なら意外とどこにでもありそうな風景だと
勝手にイメージしてしまいましたが、探すとなると
なかなか見つからないものなのかもしれませんね。
いつか、どこかで見つかるといいですねぇ。
Commented by 不思議な世界旅行 at 2009-10-30 02:24 x
幻の港ほど格好良いものではなかった気がしますが、私も夢で見た何かがどこかで見たことがあったような気がしたことがあったのですが、今となってはその何かがなんだったのかも思い出せません^^
Commented by Tajiri at 2009-10-30 07:21 x
nagomuyoshiさま 
さて、それはどこの町だったのでしょうね・・・。まあ、日本のどこにでもあるような風景ではありますが。
恥ずかしながら、その写真家の名前は初めて知りました。ありがとうございます。
Commented by Tajiri at 2009-10-30 07:24 x
jomu さま 
そうなんです。どこにでもあるような風景なんですが、自分が訪れた記憶のある町となると、一つしかないわけでして。まあ、それをずっと探すのもおもしろいかな、とは思います。
Commented by Tajiri at 2009-10-30 07:27 x
不思議な世界旅行さま
はは、それは探すのが難しそうです(笑)。
そういえば、自分も何かを探していて、何を探しているのか途中で忘れることがたまにありますねえ。
Commented by fuwafuwa-razuri at 2009-10-30 22:23
小さな漁港と赤い鳥居の神社という組み合わせは、
山陰や瀬戸内には無数に(ちょっと大げさかもしれない 笑)に存在します。
あるいはひょっとして、それはtajiriさんの前世体験かも~。
といってもそう書いたわたしは、前世とか来世をあまり信じてませんが(笑)
Commented by tajiri8jp at 2009-10-30 22:51
fuwafuwa-razuriさま 
はい、そういう風景はたくさんあるだろうなあ、と自分も思います(笑)。
いささか言葉足らずでしたが、つまりそのたくさんある中で自分が訪れた港を探しているということでして、他にその場所を表現する手掛かりがないということなのです・・・。
前世体験、それはあるかもしれませんね(笑)。実は自分はそういうのはあると思っていまして、この話をすると長くなりますが、仏教の輪廻転生がそれに近いかなと思っております。
Commented by hk at 2009-10-31 09:13 x
半年ほど前に、探していた風景を見つけることが出来ました。
途切れていた記憶を繋げることができた、といった方が適当かもしれないです。
いくらかの記憶とキーワードのようなものからたどり着きました。
そこで感じたことは、待っていてくれたような、迎え入れらたような不思議な感覚でした。
tajirijpさまも、近いうちに見つかりそうな気がします。
「バリガー」は面白いですね。
私はロッテのお菓子トッポを連想しました。
パイロンを見ればとんがりコーンだし、浅いというか、食い意地が張っているというか。
Commented by tajiri8jp at 2009-10-31 16:15
hkさま 
既視感という言葉がありますが、それとはちょっと違って、記憶の糸が繋がる、というようなことが希にありますね。
自分もいつか見つかるといいな、と思います。
「トッポ」ですか、なるほど。ほとんど食べたことがないのでそれは浮かびませんでしたねえ。自分はやはり前川清さんです(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< バリカー      海の見える道 >>