2009年 03月 12日
c0181552_19444588.jpg

OLYMPUS 35 SP

先日書いた、廃棄処分直前に「救出」したオリンパス35SPで撮影。
古くて内蔵露出計が動かなくとも写真は撮れるのだから、機械式のカメラはエラい。

ただ、経年劣化のせいもあるのか、同じレンジファインダー機でも、ライカと比べると距離計の二重像が見えにくく、ピント合わせが難しい。
ライカと比べてはいけないのだろうけど。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
[PR]

by tajiri8jp | 2009-03-12 20:08 | OLYMPUS 35 SP | Comments(4)
Commented by jomu at 2009-03-12 22:52 x
こんばんは。
私はレンジファインダー機はライカしか使ったことがないので、他との比較はわかりません。
でもライカのレンジファインダー機は、究極のシステムを構築し得たからこそ、今現在も
その存在感が衰えないのでしょうね。
もちろんファインダー以外も。
Commented by reema at 2009-03-13 00:12 x
Leica未体験の私としては同時代の35DCで満足してましたが、
やはり違うものなのですね・・・いつかは体験しないと(^^;)

それはともかく、マニュアルで撮れるのはうらやましいです。
35DCは電池が無いとウンともスンとも言わないので。
Commented by tajiri8jp at 2009-03-13 05:43
jomuさま 
そうですね、特にM3はコストなどを意識せずに作られたといいますし。でも考えてみれば、M型の中で一番最初に作られた機種(M3)が今も最高と評価される、というのはライカ社の悲劇かもしれません。
Commented by tajiri8jp at 2009-03-13 05:57
reemaさま 
電池がないと動かない、というのはBESSA R3Aもそうなんですが、ちょっと残念に思っています。
ライカとの違いについては慣れの問題もありますし、自分の35SPが古いというのも理由としてあるかもしれません。
ただ、なんだかんだいってライカはレンジファインダー機の最高峰ではありますから・・。いつかぜひライカを(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 休日      河口 >>